男子シングルス5回戦、決勝経験者たちが次々と姿を消す波乱の展開に/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス5回戦、決勝経験者たちが次々と姿を消す波乱の展開に

2022.01.28

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

男子シングルスでは、昨年王者の及川瑞基(木下グループ)が吉山僚一(愛工大名電高)に敗れる波乱の展開。
更に昨年準優勝の森薗政崇(BOBSON)は谷垣佑真(愛工大名電高)に、一昨年優勝の宇田幸矢(明治大)は吉田海斗(専修大)にそれぞれ敗れるなど、全日本選手権で勝ち続けることの難しさを示すような結果となった。


ジュニア男子優勝の吉山。前年度王者に金星。


これが全日本の魔物か。最後はサーブミスでの幕切れとなった。


今年度のインターハイ優勝の谷垣。威力を増した両ハンドで森薗を破った。

やや苦しい展開が続いた森薗。5回戦で姿を消した。


安定感のある両ハンドで宇田との左腕対決を制した吉田。次は及川を下した吉山と対戦。


上手く波に乗れなかった宇田。競った場面をものにできず。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter