男子シングルス4回戦、丹羽孝希、張本智和らは順当に勝ち上がる/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス4回戦、丹羽孝希、張本智和らは順当に勝ち上がる

2022.01.27

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

男子シングルス4回戦からは、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)や張本智和(木下グループ)などスーパーシードの選手たちが登場。


篠塚大登(愛工大名電高)との左腕対決を制した丹羽。カラーラバーで出場。


優勝候補筆頭の張本。さすがのバックハンドを見せた。


快速両ハンドで攻めまくった戸上(明治大)は4-1で勝利。


安定した両ハンドを見せた田添。


ベンチには全日本V10の水谷の姿。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter