ジュニア男子準決勝 決勝は一昨年と同カード/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

ジュニア男子準決勝 決勝は一昨年と同カード

2022.01.27

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■ジュニア男子準決勝
・松島輝空(星槎中) 3ー1三木隼(野田学園高)
左腕対決となった準決勝第一試合。
激しいラリーも多かったが、打点で上回る松島が勝利。
決勝へ。



三木はやや後手に回ってしまったか。


・吉山僚一3-1鈴木颯(ともに愛工大名電高)
同校対決となった第二試合。昨年の雪辱を晴らしたい鈴木だったが、吉山に軍配が上がった。
決勝は吉山対松島となり、一昨年のジュニア決勝と同じカードとなった。


同校対決を制した吉山。二度目の戴冠なるか。


昨年準優勝の鈴木。
2年連続の決勝進出とはならず。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter