混合ダブルス準決勝 決勝は張本/早田vs吉村/鈴木/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

混合ダブルス準決勝 決勝は張本/早田vs吉村/鈴木

2022.01.27

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■混合ダブルス準決勝

・張本智和/早田ひな 3(5,8,-8,9)1 宇田幸矢/木原美悠
レシーブから強気に攻めていく宇田/木原に対し、それをカウンターで跳ね返す張本/早田。
高い攻撃力が持ち味の宇田/木原だが、攻め急いでミスにつながる場面も多かった。


昨日までは調子の上がらなさそうだった張本だが、準決勝にはしっかりと合わせてきた。


果敢に攻める宇田/木原だったが、ミスも増えてしまった。


・吉村真晴/鈴木李茄 3(-5,7,-8,7,8)2 田添健汰/張本美和
ダブルス巧者どうしの一戦となった今試合。
女子選手が前陣でさばき、男子選手が威力の高いボールを打ち込む両ペア。
経験の差でわずかに吉村/鈴木が上回った。


鈴木がコースをついて吉村が決める。
最後は経験の差で押し切った。



張本が前陣でうまくさばき、田添が中陣から高威力のボールを打ち込む。
最後はレシーブからの展開で優位に立てず。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter