男子シングルス3回戦が終了。スーパーシードへの挑戦権を掴む。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス3回戦が終了。スーパーシードへの挑戦権を掴む。

2022.01.26

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■男子シングルス3回戦
平野友樹(協和キリン)はカットマンの築地佑太(蝶遊クラブ)と対戦。見事なカット打ちで勝利を収めた。



ベンチには全日本チャンピオン経験もある姉の平野早矢香さん。平野友樹は「全日本での勝ち方を知っている姉に入ってもらいました」とコメント。

また、松平賢二(協和キリン)も、ダブルスで揮わなかった鬱憤を晴らすかのように躍動。
力強い両ハンドで4回戦に駒を進めた。


大矢英俊(ファースト)は大学生の宮川昌大(明治大)と対戦。
激しい打撃戦を制しガッツポーズ。


安定感のある両ハンドで勝ち上がった篠塚大登(愛工大名電)。
明日はスーパーシードの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)との左腕対決。



その他、松平健太(ファースト)や田添健汰(木下グループ)など実力者たちが順当に勝ち上がった。



松平健太のベンチには岸川聖也の姿が。



明日の4回戦からは前年度王者の及川瑞基や張本智和(ともに木下グループ)、丹羽孝希などスーパーシードの選手たちが登場する。
引き続き熱戦に期待したい。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter