フランス代表、上下のコーディネートでクールに決める/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

フランス代表、上下のコーディネートでクールに決める

 各国の選手たちが代表ウェアに身を包み、技を競う男女シングルス。2016年ヨーロッパ選手権優勝のエマニュエル・ルベッソン(上写真)は上下とも赤で統一したコーディネイト。下は「黒の短パン」という選手も多いが、やはり上下で統一感があるとクールに決まる。ルベッソンはケンジャエフ(ウズベキスタン)を4−1で下し、危なげなく初戦を突破した。

 下写真は日本への卓球留学の経験もあるマリー・ミゴ。イングランドの右ペン表速攻型、ティンティン・ホの連続強打を前陣で正確に返球し、見ごたえあるラリー戦を展開したが、惜しくも敗れた。17歳のパヴァデら、若手の台頭が著しいフランス女子、ミゴもさらなる成長が期待される(記事提供:卓球王国)。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter