貝塚二が四天王寺を決勝で下し初優勝!全中女子団体/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

貝塚二が四天王寺を決勝で下し初優勝!全中女子団体

全中女子団体決勝、貝塚二が四天王寺との大阪対決を制し、悲願の初優勝を遂げた。1番の1年生対決は、竹谷が高森にゲームをリードされながらも、強気を貫いて逆転勝利し、貝塚二が先制。続く2番で上澤が山本に対し4ゲーム目にマッチポイントを握られながらも逆転。最終ゲームも気迫のプレーで山本を押し切り、この決勝戦のキーマッチを制した。ダブルスは四天王寺ペアが盤石の勝利も、4番で篠原が伊藤をストレートで下し、貝塚二が初優勝、ベンチは涙と笑顔つつまれた。また準決勝では益田が貝塚二に対して存在感を見せるなど、女子団体戦は劇的な幕切れとなった。

【女子団体】◆準決勝
四天王寺(大阪) 3-1 横浜隼人(神奈川)
貝塚二(大阪)3-2 益田(島根)

◆決勝
貝塚二(大阪) 3-1 四天王寺(大阪)
○竹谷 9,-9,-7,7,7 高森
○上澤 -5,6,-8,12,8 山本
 樋浦・倉嶋 -3,-1,-9 兼吉・萩原○
○篠原 6,5,8 伊藤
 吉本    青木

値千金の勝利を挙げた上澤(貝塚二)

トップで高森との1年生対決を制した竹谷(手前)

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter