全中男子団体は愛工大名電が接戦の末に2連覇を達成/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

全中男子団体は愛工大名電が接戦の末に2連覇を達成

 栃木県で開催されている全中は競技2日目が終了。男女団体の決勝までが行われ、男子は愛工大名電が2連覇を達成した。


【男子団体】

◆準決勝

野田学園(山口) 3-0 松徳学院(島根)

愛工大名電(愛知) 3-0 実践学園(東京)

◆決勝

〈愛工大名電 3-2 野田学園〉

○菅沼 9、8、10 岡本

○吉山 7、3、2 木村

 渡邊/日髙 6、-9、-8、-7 丸川/大坪○

 坂井 -8、-7、-7 小園江○

○杉浦 -6、10、8、8 渡辺


 2年前に開催された前回大会と同じ顔合わせとなった男子決勝。愛工大名電は準決勝までダブルスに起用していた菅沼が1番シングルスに出場し、岡本を相手にスピーディーかつ安定した両ハンドで快勝を収める。愛工大名電は2番でもエースの吉山がミスの目立った木村に対して着実に得点を重ねてストレートで勝利し、瞬く間に2連覇に王手をかける。


1番で先制点をあげた菅沼

 3番のダブルスも1ゲーム目を愛工大名電ペアが奪い、そのまま押し切るかと思われたが、野田学園ペアが息の合った連携で逆転勝利。同時進行で行われていた4番でも小園江が素晴らしいプレーで坂井を下して野田学園が追いつき、優勝の行方は5番に委ねられた。

 5番の出足は渡辺がバック対バックでストレートを有効に使って先手を取り、随所でフルスイングのファオドライブが炸裂。2ゲーム目も渡辺のペースで試合が進んでいたが、落ち着きを取り戻した杉浦が終盤に逆転してゲームカウントは1-1。3ゲーム目からは杉浦が焦らずにバック対バックで揺さぶりながらチャンスを作って得点し、ゲームカウントを2-1として優勝にあと1ゲームに迫る。4ゲーム目は接戦になったが、最後まで自分のプレーを貫いた杉浦が勝利し、愛工大名電の全中2連覇を決めた。

逆転で優勝を決めた杉浦

王座を守った愛工大名電

渡辺も好プレーを見せたが及ばず

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter