全中女子団体戦1・2回戦は四天王寺が明徳義塾と山陽女子を下す/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

全中女子団体戦1・2回戦は四天王寺が明徳義塾と山陽女子を下す

宇都宮市・日環アリーナ栃木で開催されている「全国中学校卓球大会」(全中)。試合2日目は団体戦第2ステージが決勝戦まで行われる(シングルス1・2回戦も開催)。午前中に行われた女子12回戦の結果は以下のとおり。

【女子団体】1回戦
横浜隼人(神奈川) 3-1 中間東(福岡)
四天王寺(大阪) 3-0 明徳義塾(高知)
山陽学園(岡山) 3-0 名経大高蔵(愛知)
貝塚二(大阪) 3-0 明豊(大分)
益田(島根) 3-2 土佐女子(高知)

2回戦
横浜隼人(神奈川) 3-1 玖珂(山口)
四天王寺 3-1 山陽学園(岡山)
貝塚二(大阪) 3-0 川北(石川)
益田(島根) 3-1 武蔵野(東京)

1回戦から四天王寺と選抜3位の明徳義塾が対戦。1番で水野(明徳義塾)が丁寧につなぐプレーで青木から1ゲームを奪ったが、結局、四天王寺が失ったのはその1ゲームのみという完勝となった。続く2回戦でも四天王寺が選抜準優勝の山陽学園に3-1で快勝。山陽学園の主力・面手が思い切った速攻を見せて青木に勝利したが、続かなかった。

兼吉(右)のカットと萩原の攻撃がかみ合う四天王寺ペア

粒ぞろいの実力者が揃う山陽学園だが、四天王寺の層の厚さに及ばなかった

一方で接戦を乗り切って準決勝に進出したのが益田(島根)。1回戦では土佐女子(高知)に0-2からの逆転勝利。2回戦では武蔵野(東京)と各試合とも競りながらも3-1で勝利した。また貝塚二、横浜隼人も層の厚さを見せて順当に勝ち上がった。女子準決勝の対戦は、横浜隼人vs.四天王寺、貝塚二vs.益田となる。

思い切りの良い攻撃で1回戦ラストで勝利した山田(益田)

岩木(横浜隼人)が吉田(玖珂)のカットを丁寧なつなぎとパワードライブで押し切った

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter