男子学校対抗の決勝は、第1シードの愛工大名電と第2シードの野田学園が激突/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

男子学校対抗の決勝は、第1シードの愛工大名電と第2シードの野田学園が激突

男子学校対抗の準決勝は、第1シードの愛工大名電、第2シードの野田学園がそれぞれ勝ち、東西のライバルが決勝で顔を合わせる。

 

【男子学校対抗準決勝】

愛工大名電(愛知) 3-0 静岡学園(静岡)

○篠塚 8、3、4 鈴木

○吉山 6、4、-7、4 葛西

○篠塚・谷垣 6、10、-10、10 鈴木・田中

 

 愛工大名電、静岡学園ともエースをトップに起用。篠塚はチキータと威力のあるフォアドライブで鈴木を攻め立て、完璧なプレーを見せた。どこにサービスを出しても篠塚にチキータをされてしまうため、プレッシャーからか普段はミスの少ない鈴木がサービスミスをするシーンも見られた。

  愛工大名電の2番に起用された2年の吉山は、ロングサービスをうまく使って葛西の読みを外し、両ハンド攻撃で勝利。今枝監督の期待に応えた。 

今枝監督の期待に応えた吉山

静岡学園を引っ張った鈴木


 ダブルスは4ゲーム中、3ゲームがジュースという接戦。要所で名電ペアが質の高いプレーを見せ、静岡学園に反撃のチャンスを与えなかった。

 敗れたとはいえ、静岡県勢として初めて男子学校対抗でベスト4入りを果たすなど、静岡学園の活躍はすばらしかった。

 

 

野田学園 3-0 明徳義塾

○徳田 -9、11、9、7 横部

○三木 16、9、-5、13 新名

○徳田・芝 9、-9、4、4 安江・藤元

 

 準々決勝で希望が丘を驚異的な逆転劇で下した明徳義塾。野田学園は明徳義塾の勢いに押されず、ストレートで勝利。野田学園の選手たちは攻めのプレーを貫いた。

 勝負と見られていたのは2番の三木対新名。2年前に1年生で男子シングルス3位になっている新名を1年の三木が倒す金星。三木はサービスがうまく、3球目をフォアドライブで攻める好選手だ。

 エースの徳田が単複でしっかりと勝ち、野田学園が力を見せてストレートで明徳義塾を下した。

野田学園のエース徳田

明徳義塾のダブルス 


「前半で1対1にして、ダブルスをなんとか取って後半で勝負と思っていましたが、相手が強かったです。新名が勝っていればもう少し違っていたと思いますが、前半を2つ落としたのはかなり厳しいと感じました。負けはしましたが、選手たちは力を出してくれたと思っています。ベスト4は上出来です」と試合後の佐藤建剛監督(明徳義塾)。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter