東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

2021年7月3日、埼玉県内で『2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)』が開催された。

今月開幕する、東京五輪の大会直前壮行試合として日本代表の伊藤美誠・石川佳純・平野美宇が出場。
女子は仮想ドイツとした日本卓球協会選抜との団体戦が行われ、5-0で女子日本代表が快勝を果たした。

1番・ダブルスは、石川・平野ペア 対 宋恵佳(中国電力)・長﨑美柚(日本生命)ペア。
宋を仮想シャン・シャオナ、長﨑を仮想ペトリサ・ソルヤとして選抜された。
石川・平野ペアは、WTT・コンテンダー以来久しぶりの実戦ということもあり、序盤はペースをつかめず苦戦するも、後半はしっかりと立て直し、逆転でフルゲームを制し勝利。

VICTAS ヴィクタス VICTAS PLAY ヴィクタスプレイ 卓球 VICTAS JOURNAL 東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

東京五輪でも団体戦のトップで試合の流れを握る重要なダブルスを担う、石川・平野ペア

名前結果名前
石川・平野 3(-8,2,-9,8,5)2 宋・長﨑


2番・伊藤は、全日本選手権のジュニアでベスト16入りを果たしている、高校生カットマン・原田春輝(希望が丘高)との一戦。
仮想ハン・インとして選抜された原田を相手に伊藤は、得意のスマッシュと安定したカット攻略をみせストレートで勝利。

VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 TリーグVICTAS ヴィクタス VICTAS PLAY ヴィクタスプレイ 卓球 VICTAS JOURNAL 東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

得意のカットマン相手に3-0のストレートで快勝した伊藤

名前結果名前
伊藤美誠 3(8,7,10)0 原田春輝



3番・平野は、パワーのある攻撃が持ち味の長崎美柚と対戦。
1番のダブルスで良い流れをつかんだ平野が、得意の両ハンドで長﨑を圧倒し3-1で勝利。

VICTAS ヴィクタス VICTAS PLAY ヴィクタスプレイ 卓球 VICTAS JOURNAL 東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

得意の両ハンド攻撃が冴えた平野

名前結果名前
平野美宇 3(6,9.-7,4)1 長﨑美柚



3番までで、3-0で女子日本代表が勝利したが、壮行試合ということでラストまで行われた。
4番の伊藤は、宋恵佳と対戦。
伊藤は、中国式ペンホルダー裏面攻撃の宋を相手に、対応力と安定した試合運びで3-0のストレートで勝利。

VICTAS ヴィクタス VICTAS PLAY ヴィクタスプレイ 卓球 VICTAS JOURNAL 東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

2番に引き続き、4番でも勝利し、好調ぶりをみせた伊藤

名前結果名前
伊藤美誠 3(10,5,9)0 宋恵佳



5番ラストに登場した石川は、3番で伊藤と対戦した原田と対戦。
男子選手のパワーに押される場面もあったが、緩急のあるプレーで攻略し、石川が3-1で勝利。

VICTAS ヴィクタス VICTAS PLAY ヴィクタスプレイ 卓球 VICTAS JOURNAL 東京五輪壮行試合、2021卓球NIPPONドリームマッチ女子は、日本代表が5-0の快勝。

安定したカット攻略と緩急のあるプレーで勝利した石川

名前結果名前
石川佳純 3(5,-9,9,7)1 原田春輝


※写真はすべて日本卓球協会より

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter