2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)の対戦相手が決定/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)の対戦相手が決定

2021年6月26日、日本卓球協会はオンライン会見を開き、来月7月2日・3日に開催される『2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)』の対戦相手を発表した。

初日の7月2日は混合ダブルスと男子シングルスが行われる。
対戦相手は以下の通り。

【混合ダブルス】
水谷隼・伊藤美誠 vs 吉村真晴(愛知ダイハツ)・有延大夢(琉球アスティーダ)

【男子シングルス】
丹羽孝希 vs 神巧也(T.T彩たま)

張本智和 vs 及川瑞基(木下マイスター東京)


2日目の7月3日は女子団体が行われる。
対戦相手は以下の通り。

【エース起用】
御内健太郎(シチズン時計)

【シングルス・ダブルス起用】
長崎美柚(日本生命)
宋恵佳(中国電力)

宮崎義仁 日本卓球協会強化本部長は
「今回の対戦相手の選出は男子監督・倉嶋洋介監督、女子監督・馬場美香監督がそれぞれ選出した。
7、8割は選手の要望を反映した選出になっていると聞いている。
男子の対戦相手については倉嶋監督より、インカレとドリームマッチの日程が被っているため大学生を招集できなかったこともあり、対中国・ドイツを想定せずに現時点で招集できる選手を招集したと報告を受けた。
女子の対戦相手については馬場監督より、長崎美柚をドイツのペトリッサ・ソルヤの仮想とし、御内健太郎をドイツのハン・インの仮想、宋恵佳をドイツのシャン・シャオナの仮想とし、対ドイツを想定した招集と報告を受けた。
今回、東京五輪前に実戦に近い環境を設定できたことに日本卓球協会としては喜びを持っており、また五輪代表選手全員が参加してくれることに感謝している。」
と話した。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter