東京優勝大会、各種目の優勝者が決定/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

東京優勝大会、各種目の優勝者が決定

2021年3月2日~3月7日、中止となった東京選手権大会の代替え大会として、東京・東京体育館開催にてされた東京優勝大会。
昨日の大会最終日を終え、全種目の優勝者が出そろった。

【男子シングルス】

順位名前所属
優勝 小野寺翔平 中央大
準優勝 吉田海斗 専修大
3位 蛭田龍 専修大
3位 川上尚也 早稲田大


男子シングルスは、ベスト8全員が関東学生所属の選手の中、決勝は中央大・2年の小野寺対専修大・3年の吉田との対戦。試合はフルゲームまでもつれる接戦に。
先に吉田にマッチポイントを握られるも、見事逆転優勝を果たした。

VICTAS 卓球 東京優勝大会 小野寺翔平 優勝
優勝:小野寺翔平


VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 東京優勝大会 男子シングルス 優勝 小野寺翔平
優勝が決まった瞬間、大きなガッツポーズが出た小野寺


VICTAS 卓球 VICTAS JOURNAL 東京優勝大会 準優勝 吉田海斗 
準優勝:吉田海斗


VICTAS 卓球 VICTAS JOURNAL 東京優勝大会 3位 蛭田龍
3位:蛭田龍


VICTAS 卓球 VICTAS JOURNAL 東京優勝大会 3位 川上尚也
3位:川上尚也


【女子シングルス】

順位名前所属
優勝 松平志穂 サンリツ
準優勝 黒野葵衣 早稲田大
3位 三村優果 サンリツ
3位 大島奈々 専修大


女子シングルスは、ノーシードから勝ち上がった松平志穂が、昨年の全日学選抜強化大会で優勝した早稲田大・2年の黒野をフルゲームの末、破り優勝を果たした。

VICTAS 卓球 VICTAS JOURNAL 東京優勝大会 女子シングルス 優勝 松平志穂
優勝:松平志穂


VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 東京優勝大会 女子シングルス 準優勝 黒野葵衣
準優勝:黒野葵衣


VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 東京優勝大会 女子シングルス 3位 三村優果
3位:三村優果


VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 東京優勝大会 女子シングルス 3位 大島奈々
3位:大島奈々


【男子サーティ】

順位名前所属
優勝 根田雄一 T.O.M&卓球三昧
準優勝 石塚航平 T.O.M&卓球三昧
3位 高木和健一 千代田クラブ
3位 渡邊貴史 杜卓球クラブ


男子サーティの決勝は、同士討ちをストレートで制し根田が優勝を果たした。

【女子サーティ】

順位名前所属
優勝 菅野智世 T&Tクラブ
準優勝 池本由布 卓精会
3位 佐藤加望 BRITZ
3位 田崎歩 天狗之舞


女子サーティ決勝は、菅野がゲームカウント1-2から逆転で優勝を果たした。


【男子ジュニア】

順位名前所属
優勝 高橋航太郎 実践学園高
準優勝 剣持将作 実践学園高
3位 前原椿樹 東海大菅生高
3位 中川泰雅 安田学園高


男子ジュニアの決勝は、実践学園高の先輩後輩対決。
高橋が逆転で先輩の剣持を下し、優勝を決めた。


【女子ジュニア】

順位名前所属
優勝 野川春華 武蔵野中
準優勝 加賀美恵奈 武蔵野高
3位 鈴木穂果 武蔵野中
3位 杉田くるみ 武蔵野中


ベスト4を武蔵野中・高勢が占めた、女子ジュニアは中学3年の野川が、先輩の加賀美を下し優勝を果たした。


【男子カデット】

順位名前所属
優勝 廣田元二郎 安田学園中
準優勝 薮下拓未 実践学園中
3位 島岡修斗 安田学園中
3位 井田啓太 日大豊山中


カットマンの廣田が丁寧な試合運びで優勝を果たした。


【女子カデット】

順位名前所属
優勝 照井莉胡 武蔵野中
準優勝 松川佳代 武蔵野中
3位 野々口彩乃 すぽたまJr.
3位 中村泉月 丸善クラブ


同士討ち対決となった女子カデット決勝は、照井が逆転で松川を下し、優勝を果たした。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter