女子シングルス準決勝 早田ひな(日本生命)を激戦の末に下した伊藤美誠(スターツ)と木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)を振り切った石川佳純(全農)が決勝へ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •   卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス準決勝 早田ひな(日本生命)を激戦の末に下した伊藤美誠(スターツ)と木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)を振り切った石川佳純(全農)が決勝へ

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

いよいよ大会も最終日を迎え、10時から女子シングルス準決勝がスタート。

■女子シングルス準決勝

・伊藤美誠(スターツ) 4 (-4,9,9,-7,-8,8,8) 3 早田ひな(日本生命)

昨年の準決勝と同一カードとなった早田と伊藤の一戦は、両者に流れが行き交う白熱のシーソーゲームに。序盤は、強烈な攻撃を見せた早田が先制。伊藤のバックへロングサービスを集め、バックで持ち上げさせたボールを得意のパワードライブで打ち込んでいく。少し攻撃のミスが目立った伊藤も冴えない表情を見せていた。

しかし、伊藤は第2ゲーム終盤、それまで苦しんでいたバックへのロングサービスに対し、回り込んで得点した辺りから息を吹き返す。第2ゲーム以降は互いに持ち味を発揮したプレーでゲームを取り合い、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲームは序盤、積極的な攻撃を見せた伊藤が6-3とリードを広げるも、タイムアウトを取った早田が6-6と追い上げる。最後まで勝敗がどちらに転ぶか分からない展開となったが、自身のサービスで着実にポイントを重ねた伊藤がゲームオール8本で勝利。見事昨年のリベンジを果たし、決勝進出を決めた。

最後は強気に攻め切った伊藤。昨年のリベンジを果たし、決勝へ。


終盤まで互角の展開だったが、最後は伊藤のサービスポイントを崩せなかった早田

・石川佳純(全農) 4 (5,6,8,-2,-7,6) 2 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
石川と木原の一戦は、安定感のあるプレーを見せた石川が優位に試合を運ぶ。木原も鋭いバックハンドで石川を打ち抜くボールは何本か合ったものの、安定感で勝る石川が一気に3ゲームを連取。決勝進出に王手をかける。

しかし、序盤はやや攻撃のミスが目立っていた木原が、第3ゲーム終盤以降はプレーを修正。回転をかけてしっかり繋ぐボールと強気に攻めるボールをうまく使い分け、2ゲームを連取。第6ゲームも木原が序盤リードし、最終ゲームまでもつれるかと思われたが、最後は意地を見せた石川が粘り勝ち。決勝進出を決めた。

石川は木原の猛追を受け、苦しい展開になったが最後は勝ち切った


素晴らしいプレーで追い上げた木原だが、0-3のビハインドが響き、わずかに及ばず。

準決勝の結果を受け、女子シングルス決勝のカードは伊藤と石川に決定。王座返り咲きをかけた2人の注目の決勝は13:00より行われる。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS 創業90周年記念特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter