大会最終日、女子シングルス優勝争いは早田ひな(日本生命)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •   卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら

VICTAS Journal

大会最終日、女子シングルス優勝争いは早田ひな(日本生命)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

特別な環境の中迎えた2021年の全日本選手権も大詰め、いよいよ大会最終日の男女シングルスの準決勝、決勝を残すのみとなった。

■女子シングルス

女子シングルスは優勝候補の早田ひな(日本生命)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)が順当に準決勝まで勝ち進む中、優勝経験のある平野美宇(日本生命)を破った木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)がベスト4に割り込んだ形。準決勝では、昨年も同じく準決勝で戦った早田と伊藤が再び激突。また、勢いにのる木原が石川相手にどんな試合を展開するのか要注目。果たして頂点を掴むのは。

女子シングルス準決勝
早田ひな(日本生命) - 伊藤美誠(スターツ)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) ― 石川佳純(全農)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS 創業90周年記念特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter