大会最終日、男子シングルスは吉田雅己(栃木県スポーツ協会)、及川瑞基(木下グループ)、森薗政崇(BOBSON)、田中佑汰(愛知工業大)が優勝争い/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

大会最終日、男子シングルスは吉田雅己(栃木県スポーツ協会)、及川瑞基(木下グループ)、森薗政崇(BOBSON)、田中佑汰(愛知工業大)が優勝争い

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

特別な環境の中迎えた2021年の全日本選手権も大詰め、いよいよ大会最終日の男女シングルスの準決勝、決勝を残すのみとなった。

■男子シングルス

男子シングルスの優勝戦線は混戦模様。ベスト4に駒を進めたのは、吉田雅己(栃木県スポーツ協会)、及川瑞基(木下グループ)、森薗政崇(BOBSON)、田中佑汰(愛知工業大)、の4名で誰が優勝しても初優勝という状況。森薗、吉田、及川はそれぞれダブルスでの優勝経験はあるものの、ここは何としてもシングルスの優勝を手にしたいところ。会心のプレーで丹羽を破った田中にも優勝のチャンスは十分。

準決勝の組み合わせ
森薗政崇(BOBSON) - 田中佑汰(愛知工業大)
吉田雅己(栃木県スポーツ協会) ― 及川瑞基(木下グループ)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter