男子シングルス準々決勝② 張本智和(木下グループ)を破った及川瑞基(木下グループ)、2年連続ベスト4入りの吉田雅己(栃木県スポーツ協会)が準決勝へ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •   卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス準々決勝② 張本智和(木下グループ)を破った及川瑞基(木下グループ)、2年連続ベスト4入りの吉田雅己(栃木県スポーツ協会)が準決勝へ

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

■男子シングルス準々決勝
・及川瑞基(木下グループ) 4 (5,8,4,-5,8) 1 張本智和(木下グループ)

同郷の仙台ジュニア出身、現在、木下グループでチームメイトの2人の対決は、及川が試合開始から素晴らしいプレーを見せる。及川の持ち味であるラリーで得点したかと思えば、積極的なバックハンドでクロス、ストレートへ打ち抜き、プレッシャーを与えていく。張本に一切、隙を与えないプレーで及川が3ゲームを連取し、準決勝進出に王手。張本は昨日の御内戦の疲れもあるのか、迫力のあるフォアハンドが影を潜め、相手のボールに合わせるようなスイングが目立つ。

少しエンジンがかかりだした様子の張本が第4ゲームを奪うものの、第5ゲームを再び及川が奪い勝利。徹底した戦術と張本相手にそれを実行する高い技術力を見せた及川が準決勝進出を決めた。

張本のお株を奪うようなバックハンドでゲームを支配した及川


張本は得意のバック対バックで打ち勝てず、終始苦しい展開になってしまった。

・吉田雅己(栃木県スポーツ協会) 4 (11,8,-11,3,2) 1 龍崎東寅(明治大)

吉田と龍崎の一戦は、序盤から鋭い打球が飛び交う白熱の打撃戦に。激しいラリーの連続となるも、素早いフットワークと巧みなコース取りで龍崎を押し込んだ吉田。中盤まで競り合いとなったが、厳しい台上プレーから攻め込んだ吉田が第4,5ゲームは龍崎を圧倒。昨年に引き続き、ベスト4へ駒を進めた。

吉田は危なげない試合運びで強打者の龍崎を攻略。


果敢に攻撃を仕掛けた龍崎だが、吉田にうまくかわされた。

明日の準決勝で決勝進出をかけ、及川と吉田が対戦。クレバーなプレーが特徴、下がっての打ち合いにも滅法強い2人の対戦は、激戦になること必至だ。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS 創業90周年記念特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter