男子シングルス準々決勝① 快速のバックハンドで丹羽孝希(スヴェンソン)を下した田中佑汰(愛知工業大)と森薗政崇(BOBSON)がベスト4入り/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス準々決勝① 快速のバックハンドで丹羽孝希(スヴェンソン)を下した田中佑汰(愛知工業大)と森薗政崇(BOBSON)がベスト4入り

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

■男子シングルス準々決勝

・田中佑汰(愛知工業大) 4 (-9,5,9,-11,9,7) 2 丹羽孝希(スヴェンソン)

丹羽と田中の一戦は、前陣で激しい打球が飛び交うスピーディなラリーの連続に。第1ゲームを丹羽が幸先よく先制するも、第2ゲーム以降、田中のバックハンドが炸裂。鋭い打球で丹羽のフォアサイドに猛然と襲い掛かり、第2,3ゲームを連取、第4ゲームもリードを広げ、試合の流れを掴む。

しかし、強打を浴びながらも我慢のプレーを続けた丹羽が、第4ゲームを接戦の末に取り返すと、第5ゲームも9-5とリード。このまま丹羽が走るかと思われたが、9-8まで田中が追い上げ、たまらず丹羽がタイムアウト。タイムアウト明け、田中は強気にストレートへのチキータレシーブを見せ、ノータッチエースで得点。流れを掴んだ田中がこのまま第5,6ゲームを奪い切り、自身初のベスト4入りを決めた。

快速のバックハンドで何度も丹羽のフォアサイドを打ち抜いた田中


苦しみながらも勝利に近づいた丹羽であったが、最後は田中の勢いに押され、ベスト8でストップ。

・森薗政崇(BOBSON) 4 (9,7,7,-9,10) 1 英田理志(愛媛県競対)

森薗と英田の一戦は、森薗が快速のフットワークを活かしたフォアハンドでラリーを支配。正面から打ち合うだけでなく、ラリーの中で前に落とすような打球も有効的に使い、英田を大きく揺さぶった。英田も積極的に攻撃を仕掛けたが、後ろに退かず前陣で跳ね返した森薗が快勝。準決勝進出を決めた。

俊足のフットワークを飛ばし、フォアハンドで押し切った森薗


ノーシードから勝ち上がり、ここまで快進撃を見せていた英田であったが、森薗の前に屈した。

明日の準決勝では田中と森薗が対戦。丹羽をも飲み込んだ田中のバックハンドに対し、森薗がどのような戦術で対抗してくのか注目だ。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter