女子シングルス準々決勝② 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、石川佳純(全農)がベスト4へ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

女子シングルス準々決勝② 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、石川佳純(全農)がベスト4へ

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

■女子シングルス準々決勝

木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 4 (8,10,12,6) 0 平侑里香(サンリツ)

互いにバック面の表ソフトで押していく、同タイプの選手の対戦となったが、木原が攻撃力の高さを見せつける。サービスレシーブ、ラリーの中でも甘いボールに対しては、一切繋ぐ姿勢を見せず、強打を打ち込んでいく。得意のラリーで何とか接戦に持ち込みたい平だったが、嵐のごとく攻め込んだ木原がストレート勝ち。明日の準決勝へ駒を進めた。

畳み掛けるバックハンドで快勝した木原


何とかラリーに持ち込みたい平であったが、木原の攻撃を受けきれず

・石川佳純(全農) 4 (10,-1,7,8,6) 1 横井咲桜(四天王寺高)

序盤、逆横回転のサービスを起点にアグレッシブに攻める横井。石川が仕掛けたボールにも落ち着いて対応、強烈なドライブを打ち込み得点を重ねていく。

しかし、第3ゲーム以降は石川が反撃。序盤は横井に押されていた石川だったが、徐々に横井の攻撃に対応。少し台と距離を置きながら、横井のタイミングを外し、甘いボールに対しては、厳しく攻撃を仕掛けていく。競り合いながらも3ゲームを連取し、懐の深いプレーで横井の挑戦を退けた石川が準決勝進出を決めた。

序盤は劣勢の石川であったが、気付けば自分のペースに持ち込んでいた


果敢な攻撃で石川に挑んだ横井だが、最後はうまくかわされた

もう一方の準決勝は木原と石川の対戦に決定。一般シングルスに入り、好調なプレーぶりで勝ち進んでいる木原。石川に対して、木原がどのようなプレーで挑んでいくのか見ものだ。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter