女子シングルス準々決勝① 早田ひな(日本生命)と伊藤美誠(スターツ)が勝ち上がり、昨年の準決勝と同様のカードに/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス準々決勝① 早田ひな(日本生命)と伊藤美誠(スターツ)が勝ち上がり、昨年の準決勝と同様のカードに

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

■女子シングルス準々決勝
・早田ひな(日本生命) 4 (5,6,-8,3,6) 1 佐藤瞳(ミキハウス)

試合は序盤から自慢のパワードライブでカットを打ち込んだ早田が佐藤を圧倒。カットで粘るだけでは展開が厳しい佐藤は、積極的にバックハンドでも攻撃を仕掛け、1ゲームを奪い返す。しかし中盤以降、早田が落ち着いたプレーで佐藤の攻撃をがっちりと受け止め、反撃を許さず。強打で再び佐藤のカットを圧倒し、準決勝進出を決めた。

さすがのフォアハンドで佐藤のカットを打ち抜いた早田


佐藤はバックハンドでの攻撃も見せ、状況を打開しようとするも及ばず


・伊藤美誠(スターツ) 4 (8,11,9,4) 0 長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)

伊藤と長﨑の一戦は、各ゲーム競り合いとなるも、要所を抑えた伊藤がストレート勝ち。長﨑も強烈な攻撃で伊藤に迫ったが、伊藤が多彩なサービスレシーブで長﨑に狙いを絞らせず、流れを渡さなかった。隙のないプレーを見せた伊藤が準決勝進出。今大会、好調なプレーで強敵を連破した長﨑だったが、伊藤の牙城を崩すには至らなかった。

長﨑の両サイドを幾度もノータッチで抜き去る攻撃を見せた伊藤


随一の攻撃力を誇る長﨑だが、伊藤の多彩な技術に封じられた

準々決勝、第1試合の結果を受け、準決勝は昨年同様、早田と伊藤があいまみえることとなった。昨年は早田が伊藤の3連覇を阻み、優勝へと突き進んだが、勝負の行方はいかに。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter