男子シングルス4回戦 丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)は順当に初戦を突破/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  • 『TSPブランドヒストリー』VICTASへ継承する製品 ラケット編を公開しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス4回戦 丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)は順当に初戦を突破

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

女子シングルス4回戦に続き、男子シングルス4回戦がスタート。

明治大学の出場選手の発熱報告の為、同一行動であった前回大会3位の戸上隼輔、菅沼湧輝、宮川昌大の3選手が、大会側のルールに従い、棄権という衝撃的なニュースが飛び込み、波乱の幕開けとなった。なお、別行動の宇田幸矢、龍崎東寅、沼村斉弥らは出場予定となる。

前回大会優勝の宇田幸矢(明治大)が、鈴木笙(静岡学園高)に敗れるという波乱があったが、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)らといった優勝候補は順当に初戦を突破した。
丹羽は得意の速攻プレーで初戦を快勝


張本も王座奪還に向け、好発進を切った。


前回ベスト16の横谷晟(愛工大名電高)をフルゲーム9本の激戦の末に下した御内健太郎(シチズン時計)。


大島祐哉(木下グループ)は大学生の吉田海斗(専修大)にマッチポイントを握られるも、凌ぎ切り5回戦へ。


全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter