男子シングルス4回戦、鈴木笙(静岡学園高)が前回大会優勝の宇田幸矢(明治大)を破る金星!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス4回戦、鈴木笙(静岡学園高)が前回大会優勝の宇田幸矢(明治大)を破る金星!

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

男子シングルス4回戦、鈴木笙(静岡学園高)が前回大会優勝の宇田幸矢(明治大)を破る金星!

・鈴木笙(静岡学園高) 4 (-5,8,10,-10,4,-9,7) 3 宇田幸矢(明治大)

第1ゲームを幸先よく先制した宇田であったが、徐々に鈴木がペースを掴む。変化のある逆回転サービスで強烈なチキータを封じ、ラリーでもしなやかな両ハンドで宇田を台から下げ、持ち味である速攻プレーを許さなかった。宇田も何とか状況を打開しようと積極的に攻撃を仕掛けたが、ミスが目立ち流れを掴めず。最後まで強気の姿勢を貫いた鈴木が、フルゲームの熱戦の末に宇田を破った。

最後まで強気のプレーで見事大金星を挙げた鈴木


前回チャンピオンの宇田はまさかの初戦敗退。全日本の恐ろしさを痛感する結果に。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter