女子シングルス4回戦 早田ひな(日本生命)ら、スーパーシードが続々と登場。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス4回戦 早田ひな(日本生命)ら、スーパーシードが続々と登場。

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会は5日目に入り、女子シングルス4回戦が進行、昨年、鮮烈なプレーで見事に初優勝を果たした早田ひな(日本生命)をはじめ、王座奪還を狙う伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)ら、スーパーシードの選手が続々と登場した。

実力者たちが危なげなく4回戦を突破する中、前回大会ベスト4の橋本帆乃香(ミキハウス)が平侑里香(サンリツ)に、同じく前回大会ベスト8の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)が枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)に敗れる波乱があった。


早田は危なげない運びで初戦を突破、連覇へ向けて好発進を切った。


圧巻のプレーで実力者の森田彩音(デンソー)に完勝した伊藤。


各ゲーム接戦となった石川だが、要所を締めストレート勝ち。


平野は高校生の木塚陽菜に1ゲームを奪われたが、落ち着いたプレーで4回戦を突破した。

ミスのない安定したカット打ちを披露し、前回大会ベスト4の橋本を破った平


小塩は枝廣のスマッシュに押され、最後までペースを取り戻せなかった。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter