スケールの大きいプレーを見せた大藤沙月(四天王寺高)がジュニア女子2連覇を達成!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
VICTAS V-OGS ユニフォーム

VICTAS Journal

スケールの大きいプレーを見せた大藤沙月(四天王寺高)がジュニア女子2連覇を達成!

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

ジュニア女子は大藤沙月(四天王寺高)が2連覇を達成!

昨年中学生ながらジュニアを制し、第1シードとして今大会に臨んだ大藤。対戦するすべての選手がチャレンジャーとして挑んでくる中、苦しい試合はあったものの、見事に2連覇を達成。点を獲りに行った時の攻撃力の高さ、安定感は頭一つ抜けている印象を受けた。また、後ろに下げられても、逆襲に転じ得点を重ねるシーンも幾度となくあり、体は小柄な大藤だが、スケールの大きい卓球を見せた。

■ジュニア女子準決勝
・大藤沙月(四天王寺高) 3 (10,-8,3,7) 1 菅澤柚花里(四天王寺高)

サウスポーの菅澤と大藤の一戦は、第1ゲームを逆転で奪った大藤がペースを握る。菅澤もしゃがみ込みサービスからの攻撃と硬いブロックで第2ゲームは奪い返すも、試合は終始大藤のペース。最後は大藤が高い攻撃力で菅澤のブロックを弾き飛ばし快勝した。

高い攻撃力でサウスポーの菅澤のブロックを弾き飛ばした大藤


しゃがみ込みサービスからの攻撃とラリーに強さを見せた菅澤。安定した戦いぶりで準決勝まで勝ち上がった。

・横井咲桜(四天王寺高) 3 (-9,-11,8,4,8) 2 白山亜美(明徳義塾中・高)

試合は序盤、白山が上から叩き落とすようなボールと時折見せる緩いボール、緩急をつけたバックハンドでペースを握り、一気に2-0とリード。決勝進出へ王手をかける。

第2ゲーム中盤以降、横井は状況を打開するべく、白山のフォアサイドに攻撃を集め、強力なバックハンドを封じる。戦術を徹底してもなお、白山の強烈な攻撃を浴びたが、高い集中力で最後まで攻め抜いた横井が逆転勝利で見事決勝進出を決めた。

かなり苦しい展開となった準決勝だが、我慢強く攻撃を重ね、逆転勝利を収めた横井


白山はパンチ力のある攻撃でベスト4入り、横井との準決勝もあと一歩のところまで追い詰めた。

■ジュニア女子決勝
大藤沙月(四天王寺高) 3 (9,7,9) 0 横井咲桜(四天王寺高)

ジュニア女子決勝のカードは、2連覇を狙う大藤と初優勝を目指す横井。両者ともに両ハンドで強烈な打球を持っており、男子顔負けの打撃戦が展開された。試合は第1ゲームの競り合いを制した大藤が一気に3ゲームを連取。ストレート勝ちで横井を下し、2連覇を決めた。

試合後、大藤は「今年は2連覇を目指していて、達成できてよかったです。強い選手ばかりなのでプレッシャーにならず、向かっていく試合ができたのが良かった」とコメントした。

決勝は高い攻撃力で横井を終始圧倒、堂々の戦いぶりで2連覇を達成した大藤。


試合後、「優勝を狙っていたので、準優勝はすごく悔しい結果になった」と悔しさをにじませた横井。4回戦に勝ち残っている一般シングルスでも上位進出を狙う。


全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS 創業90周年記念特設サイト 卓球 VICTAS OGSバナー VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter