ジュニア男子準々決勝 篠塚大登(愛工大名電高)が松島輝空(JOCエリートアカデミー)を下し準決勝へ。愛工大名電勢がベスト4を独占。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •  公益財団法人 日本卓球協会の卓球男子代表 公式ウェアに「VICTAS」が決定 詳細はこちら
  •  卓球男子日本代表 丹羽孝希選手 ノジマTリーグ2021-2022 「T.T彩たま」と契約決定 詳細はこちら

VICTAS Journal

ジュニア男子準々決勝 篠塚大登(愛工大名電高)が松島輝空(JOCエリートアカデミー)を下し準決勝へ。愛工大名電勢がベスト4を独占。

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会は4日目、女子シングルス2回戦終了後に男女ジュニア準々決勝が行われた。

■ジュニア男子準々決勝
準々決勝屈指の注目カード、篠塚大登(愛工大名電高)と松島輝空(JOCエリートアカデミー)の天才左腕対決は篠塚に軍配。バック対バックを起点としたハイレベルなラリーの応酬となり、一時は松島が2-1とリード。しかし、そこから篠塚が力強い攻撃で第4,5ゲームを連取し、初優勝へ向け、また一歩前進した。

昨年、小学生ながら決勝に進出し、今大会での最年少優勝を期待された松島であったが、準々決勝でストップ。奇しくも4年前、同じく中学1年生ながら優勝候補として臨んだ張本智和(木下グループ)と同じ結果となった。

篠塚は充実のプレーで松島に競り勝ち、初優勝へ向けまた一歩前進


十分勝機のあった松島であったが、惜しくも逆転負け。来年のリベンジを狙う。


濵田一輝(愛工大名電高)と谷垣佑真(愛工大名電高)の愛工大名電高校の同級生対決は、フルゲーム9本までもつれる激戦に。第5ゲーム終盤まで、谷垣がリードしていたものの濱田が連続得点で逆転、見事ベスト4入りを決めた。

濵田は谷垣との激しい打撃戦を制し、ベスト4入り

また、パワフルな攻撃で高橋航太郎(実践学園高)に完勝した鈴木颯(愛工大名電高)、昨年優勝の吉山僚一(愛工大名電高校)を破るなど勢いにのる星優真(東山高)を下した岡野俊介(愛工大名電高)がベスト4進出を決めた。

パワフルなフォアハンド攻撃で快勝した鈴木


岡野は勢いにのる星を下し、ベスト4へ駒を進めた。

準々決勝の結果を受け、ベスト4を愛工大名電高校の選手が独占。改めて選手層の厚さを感じさせた。また、全員が初のベスト4入りとなっており、誰が優勝しても初優勝という状況。注目の準決勝、決勝は本日午後行われる。

ジュニア男子準々決勝結果
岡野俊介(愛工大名電高) 3 (9,8,8) 0 星優真(東山高)
鈴木颯(愛工大名電高) 3 (6,9,2) 0 高橋航太郎(実践学園高)
濵田一輝(愛工大名電高) 3 (-7,7,-8,9,9) 2 谷垣佑真(愛工大名電高)
篠塚大登(愛工大名電高) 3 (5,-8,-7,5,4) 2 松島輝空(JOCエリートアカデミー)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter