男子シングルス1回戦 松平健太(ファースト)、上田仁(岡山リベッツ)らが登場。上田はフルゲームの熱戦を制し2回戦へ。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •   卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス1回戦 松平健太(ファースト)、上田仁(岡山リベッツ)らが登場。上田はフルゲームの熱戦を制し2回戦へ。

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会3日目の本日より、一般男女シングルスの試合がスタート。男子が1回戦、女子が1回戦と2回戦の一部の試合が行われた。

■男子シングルス
今大会、男子シングルスは協和キリン、原田鋼業、岡谷市役所など、強豪チームが相次いで棄権する中、松平健太(ファースト)、上田仁(岡山リベッツ)をはじめ、実績豊富な選手が1回戦から登場。各コートでハイレベルな試合が繰り広げられた。

上田の1回戦の相手は、今大会ジュニアの部でベスト16の萩原啓至(愛工大名電中)。萩原は朝一番の試合でジュニアの部5回戦を戦っており、勢いのあるプレーで上田に猛攻をしかける。試合は激しい打撃戦となり、勝負は最終ゲームへ。最終ゲームは上田が質の高いサービスレシーブで一気に突き放し、1回戦突破を決めた。

ヒヤリとする場面もあったが、さすがのプレーで1回戦を突破


アグレッシブなプレーで果敢に攻め込んだ萩原


その他、松平健太(ファースト)、鹿屋良平(リコー)、英田理志(愛媛県競対)ら実力者も順当に1回戦を突破した。







全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS 創業90周年記念特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter