女子シングルス1回戦 小学生の張本美和(木下グループ)が1回戦を突破/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 【VICTAS JOURNAL】回転量と威力でゲームを制するVICTAS初の強粘着裏ソフトラバー『TRIPLEシリーズ』 詳細はこちら
  • 『TSPブランドヒストリー』VICTASへ継承する製品 ラケット編を公開しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス1回戦 小学生の張本美和(木下グループ)が1回戦を突破

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会3日目の本日より、一般男女シングルスの試合がスタート。男子が1回戦、女子が1回戦と2回戦の一部の試合が行われた。

■女子シングルス1回戦
例年であれば、ダブルスの試合をこなしてから、シングルスに入る選手も多いが、今大会はダブルスの種目がない。また、練習会場の使用にも制限があるため、ジュニアの種目同様、多くの選手にとって、難しい初戦となったであろう。

男女ジュニア5回戦終了後に行われた女子シングルス1回戦、小学生の張本美和(木下グループ)は高校生の梅木ちとせ(明豊高)と対戦。高い攻撃力で梅木を攻め立て、見事にストレートで勝利。2回戦進出を決めた。

ジュニアの部ではベスト32に終わった張本、一般シングルスで上位進出を狙う

同じく小学生ながら、一般シングルスに出場した竹谷美涼(初喜TTC)は由本楓羽(貝塚第二中)と対戦。0-2のビハインドから、2-2-と追いつくも、最終ゲームは強気に攻め抜いた由本が勝利、竹谷は1回戦突破とはならなかった。

0-2ビハインドから、2-2と迫ったもののわずかに及ばず

また、山本怜(十六銀行)、阿部愛莉(デンソー)、後藤奈津美(昭和電工マテリアルズ)、玉石美幸(エクセディ)といった実業団のトッププレーヤーたちも順当に2回戦へ駒を進めた。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter