【大会初日】ジュニア男子1回戦/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 【VICTAS JOURNAL】回転量と威力でゲームを制するVICTAS初の強粘着裏ソフトラバー『TRIPLEシリーズ』 詳細はこちら
  • 『TSPブランドヒストリー』VICTASへ継承する製品 ラケット編を公開しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

【大会初日】ジュニア男子1回戦

天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2021年1月11日(月・祝)~1月17日(日)にかけて、丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

■ジュニア男子

ジュニア男子の最年少はなんと小学3年生ながら、鹿児島県予選を突破した大野颯真(ABBEY)。1回戦に登場し、鈴木耕大(育徳クラブ)と対戦した。

出場選手の中でも一際小柄な大野だが、一回りも二回りも体格差のある鈴木に対し、果敢なプレーで第2ゲームを奪取。最後はパワーのある攻撃で押し切った鈴木が3-1で勝利したものの、活気あふれるプレーと非凡なボールさばきを見せた大野が、堂々の試合ぶりで会場の注目を集めた。


相手に臆することなくサービス三球目から果敢に攻め込んだ


最後は鈴木がパワフルなドライブで押し切った



また、小学生ながら伊藤佑太(イトウTTC)、川上流星(新発田ジュニア)の2名が見事に初戦を突破。明日以降の戦いにも注目したい。

明日、ジュニア男子は2~4回戦が行われ、ベスト16が決定。3回戦からは昨年度ジュニア王者の吉山僚一(愛工大名電高)、同じく昨年、鮮烈なプレーで決勝まで駆け上がった松島輝空(JOCエリートアカデミー)、TリーグのT.T彩たまでプレーする篠塚大登(愛工大名電高)らといった、スーパーシードの選手が登場する。



















全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2021zennnihon_victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter