男子シングルス優勝 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 優勝記者会見/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス優勝 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 優勝記者会見

男子シングルス優勝:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)

「(決勝を振り返って)
3-1の10-8とリードをしたんですけど、そのマッチポイントを決めることが出来なくて、とても苦しい試合になったんですけど最後まで我慢して戦えたので良かったです。(第7ゲームは)少し自分の凡ミスも出てしまったんですけど、最後まで攻め続けることは、試合に入る前から決めていて冷静に最後まで戦えました。6ゲーム目も7ゲーム目もフォアへのハーフロングのサーブからの展開がすごく良かったので最後も(そのサーブを)2本出そうと思っていました。

(張本選手に勝利しての優勝について)
2年前のジュニアの決勝で負けていて、(張本選手は)世界でも勝っているので、今までは少し上の存在だったんですけど、今回勝つことができて、すごく自分の中で自信になりました。

自信にはなったんですけど、いったんちょっと休んで、しっかり練習して世界で活躍できるように頑張っていきたいです。

(今後の目標について)
とにかくワールドツアーで格上の選手に勝って世界ランクを上げていくことです。

(どういった気持ちで決勝に臨んだのか)
試合に入る前は正直そこまで、勝つっていう自信はなかったんですけど、自分が守っているようでは勝てないことは分かっていたので自分から攻めることだけを意識して戦いました。


(決勝でフルゲームの末に勝ちきれた要因は)
競った場面の(最終ゲーム)9-9で2本とれたサーブレシーブが良かったかなと思います。

(決勝のベストプレーは)
7ゲーム目の中盤でストレートにカウンターしたボールです。自分の読みも完璧に当たったなと思います。

どんなに強いボールを打ってもなかなか決めさせてもらえないので、冷静にコースを突きながら試合を読んでいかないと勝てないなと思いました。

(試合を楽しめたきっかけは)
今まで大事な試合、プレッシャーがかかる試合になると出だしで空回りしてしまっていたので、今回は勝ちも意識していたんですけど、楽しく最後まで自分のプレーが出来るように意識して戦いました。

特に今回は大会を通して、最後まで冷静に考えて戦うことができたなと思います。

(世界選手権に向けての意気込み、今後の目標)
今回世界選手権は団体戦なので、今回優勝したんですけど、まだ自分の実力では試合に出ることができるかは分からないんですけど、もし試合に出なかったら、チームのサポートなどをしっかりしていきたいです。今回、張本にぎりぎり勝つことができたんですけど、今後も必ず上で当たる相手なので次も勝っていきたいです」

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter