女子シングルスは早田ひな(日本生命)が涙の初優勝!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

女子シングルスは早田ひな(日本生命)が涙の初優勝!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

女子シングルス決勝
早田ひな(日本生命) 4 (7,9,4,-9,8) 1 石川佳純(全農)
 
女子シングルス決勝は4年ぶりの優勝を狙う石川と初優勝を狙う早田の対戦。
昨年もこの二人は対戦しており、その時は早田が4-1で勝利を収めている。

早田は自慢のパワーボールに加え、バックハンドでストレートを突いた攻撃、また多彩な種類のサーブ、レシーブでも逆チキータを放つなどバリエーションに富んだプレーで石川を圧倒し3ゲームを連取。

第4ゲームこそ早田のプレーが硬くなったところで石川が奪ったものの、第5ゲームは再び早田が積極的なプレーを見せ4-1で勝利!女子シングルス涙の初優勝を決めた!








早田選手の試合直後の優勝インタビュー
Q:試合終了後どんな思いがあふれてきましたか? 
これまで苦しいことだったりとか、頑張っても頑張っても結果が出ない時っていうのがすごく多くて、でも常にたくさんの方が『ひなちゃん頑張れ』って応援してくれていたので頑張ってきてよかったなって思いました。 
 
Q:全日本のタイトルというのはまた特別ではないですか? 
シングルスで去年は同じ準決勝で伊藤選手に負けてしまって今年の目標が最低ベスト4で、でも伊藤選手に勝たないと決勝、そして優勝っていうのがなかったのでしっかりそれを果たすことができて、2冠達成できてよかったです。 
 

Q:準決勝で伊藤美誠選手、決勝で石川佳純選手を破っての優勝だが? 

伊藤選手とは常にダブルスを組んでいたりだとか普段の練習からも常に一緒にいる仲間ではあるんですけど、でも試合の時はしっかりライバルとして、美誠の存在があったからこそ今の私があると思ってるので、この優勝を糧にまた頑張りたいです。 
 
Q:試合の序盤からかなり積極的に入っていったように見えたが? 
早田:石川選手はこれまで何度も全日本の決勝っていうのを経験して、何度も優勝している選手で、私はこの決勝っていうのが初めての舞台だったのでしっかり楽しむということ、石川選手と初めて対戦するっていうくらいの気持ちで向かっていきました。 
 
Q:楽しめましたか? 
早田:はい、めちゃくちゃ楽しかったです。 
 
Q:どう気持ちを切り替えたんですか? 
早田:3-0でリードして第4ゲームも3-0リードで相手も戦術を変えてきて簡単には勝たせてもらえないなというのはすごく感じましたし、でもそこでまたさらに自分がギアを上げて集中力を高めて一本しっかりとるっていうことに専念できたのでそれがすごく良かったと思います。 
 
Q:ラリー戦が強かったですが、前でも後ろに下がっても素晴らしいショットがあったが自分自身で成長はどう感じていますか? 
早田:もともとは後陣でプレーできたりとかそういった部分っていうのが自分の強みでもあるのでそれが生かされた試合だったかなと思います。 
 
Q:オリンピックイヤー2020に優勝を果たしたが、今後の目標は? 
(東京)オリンピックっていうのは選ばれてはいないんですが、この1年自分の中ではテーマを「挑戦」っていうことにしていろんなことにチャレンジして、いろんなことに向かっていって、逃げてた部分もしっかり自分と向き合って頑張っていきたいなと思います。


これまで伊藤美誠、平野美宇と共に同世代トリオとして注目を浴びていた早田ひな。ダブルスでは世界選手権でメダルを獲得するなど、その実力はすでに折り紙付き。

そして今回の全日本で伊藤美誠、石川佳純と東京オリンピック代表を立て続けに連破し、シングルスでもその実力を証明してみせた。女子ダブルスと合わせて2冠を達成し、最高の形で2020年のスタートを切った早田。この優勝をきっかけに、シングルスでも一気に世界のトップへ飛躍していってほしい。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter