男子シングルス準決勝 まさに死闘 張本智和(木下グループ)が戸上隼輔(野田学園高校)の猛攻に耐え、決勝進出!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス準決勝 まさに死闘 張本智和(木下グループ)が戸上隼輔(野田学園高校)の猛攻に耐え、決勝進出!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

男子シングルス準決勝

張本智和(木下グループ) 4 (4,-9,-7,-7,7,8,9) 3 戸上隼輔(野田学園高)

ここまでオールストレートと圧倒的な強さを見せている張本とキレキレの超攻撃卓球で勝ち上がった戸上の高校生対決。

試合は序盤から張本がエンジン全開のプレーで第1ゲームを取り、やはり張本かと思われた。

しかしここから状況が一変。第2ゲーム以降は戸上の両ハンドが火を噴き、張本を猛攻。張本も硬いブロックで必死に対抗するが、それでも戸上は止まらず。第2,3ゲーム目を戸上が取り、第4ゲームは張本がリードするも戸上が追い上げ、ベンチからたまらずタイムアウト。それでも戸上の勢いは止まらず、第4ゲームも戸上が奪い、3-1と王手をかける。




第5、6ゲームも戸上が猛攻を仕掛けるが、張本が我慢のプレーの連続で猛攻に耐え、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲームも中盤まで点差が離れずにゲームが進んだが、張本がサービスレシーブの細かいテクニックで連続得点し、10-6とリード。戸上も最後の力を振り絞り10-9まで追い上げるも最後はバックハンドがオーバー。決着の瞬間、勝った張本、負けた戸上両者が崩れ落ちるまさに死闘。





試合を通して、戸上が猛攻を仕掛け、張本は我慢の展開。戸上のチキータを狙い撃つもミスが出てしまい、状況をなかなか打開できず、かなり苦しい内容ではあったが最後勝ち切るところはさすが張本。昨年敗れた準決勝が再び鬼門となったが、見事に決勝進出を果たし、王座奪還を狙う。


火が噴くようなバックハンドで完全に張本を押していたが、無念の逆転負け

以下戸上選手準決勝後のインタビュー 

Q:フルゲームの試合を終えてどう? 
1ゲーム目、非常に展開の悪いゲーム運びだったので2ゲーム目から自分のプレーをしたいと思い、積極的に攻めることだけを心に決めて戦おうと思ったんですが3-1とリードした場面で勝ちを意識してしまったのが少しあって、今までも何回もそういう場面にあってきたんですけどどうしても心の余裕を持ってしまうっていうのが今の弱点というか課題で、今の試合に出てしまったのかなと思います。 
 
Q:3-1でリードして第5,6ゲーム取れなかった原因は? 
7ゲーム目の展開と一緒で、どうしても2,3,4ゲーム目の展開の中で小さいミスっていうのが積み重なった結果が出てしまったのかなと思います。 
 
Q:張本選手の追い詰められてからの強さについて 
世界で活躍する選手の一人なのでどんな場面でもあきらめずに立ち向かってくるっていうところでは、劣勢な場面でも一番プレッシャーのある戦いでした。 
 
Q:どういうところに張本選手のプレッシャーに対する強さを感じた? 
僕が積極的に攻めた場面でも屈することなく台から下がらずに、逆に自分が悪い展開っていうところでも頭が真っ白にならずに攻めることができるところが張本選手の強みだと思います。 
 
Q:その張本選手をあと一歩のところまで追いつめたが? 

今まで張本選手と何回も試合してきて、勝ちが目の前のところで何回も敗れていて、対戦していて分が悪い相手ではなかったので勝てると思ったんですけど今まで通りできなくて自分が焦ってしまって負けてしまったかなと思います。 
 
Q:今回の全日本を今後どう生かしたい? 
今大会はほんとに調子が良くて自分のプレーを貫くことが出来て、丹羽選手にも勝つことが出来て、今まで勝てなかった選手に勝つことができたのでこの本調子を普通のどんな場面でも出せるような選手になれるよう次に取り組みたいと思います。


宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4 (-8,6,8,-9,10,9) 2 吉田雅己(FPC)

もう一方の準決勝は試合序盤、吉田はバックへのロングサービスを有効に使い、宇田のチキータからの速攻プレーを封じ、また、ストレートへの攻撃もよく決まり、幸先よく第1ゲームを先取。

しかし、宇田が徐々に吉田のサービスに対応し、自慢の打点の早い連打が決まりだす。一度攻めるとどんどん前に出てくる宇田に対して、吉田は後ろに下げられる苦しい展開で宇田が第2,3ゲームを連取。

第4ゲーム以降は、吉田もサービスからの展開でうまく得点を重ね、一進一退の攻防が続くが後ろに下がらず吉田を攻め抜いた宇田が勝利で決勝へ進出。






全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter