女子シングルス準決勝 3連覇を狙った伊藤美誠(スターツ)を早田ひな(日本生命)が下し、決勝へ!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 株式会社VICTAS 代表取締役社長 交代に関するお知らせ 詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス準決勝 3連覇を狙った伊藤美誠(スターツ)を早田ひな(日本生命)が下し、決勝へ!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

令和初の全日本選手権もついに大会最終日、会場には朝から多くの観客が詰めかけ、大注目の中、女子シングルス準決勝がスタートした。

女子シングルス準決勝
伊藤美誠(スターツ) 3 (-9,-7,6,9,-10,4,-7) 4 早田ひな(日本生命)

女子シングルス準決勝第1試合は昨日の女子ダブルスで3連覇を達成した伊藤と早田のダブルスパートナー同士の一戦。

試合直前の練習を見ると少し早田の方が硬くなっているような印象を受けたが、いざ試合が始まると早田らしいパワフルなプレーを見せ、伊藤のブロックを弾き飛ばしていく。10-9で伊藤の攻撃がオーバーし、大事な第1ゲームを早田が先取。

流れに乗った早田はロングサービスとレシーブでは伊藤に打たせるような長いレシーブでどんどん得意のラリー戦に持ち込み、第2ゲームも取り2-0とリードを広げる。

第3ゲームは伊藤が優勢にゲームを進める中、早田にロングサービスを狙い撃たれ、7-6となったところで伊藤が抜け目なくタイムアウト。嫌な流れを断ち切り4本連取で第3ゲームを取り返す。早田がラリーで強さを見せるも接戦となった第4ゲームも伊藤が奪い、スコアを2-2に戻す。




第5ゲームは互いにサービスからの得点率が高く点差が離れず、8-8の伊藤サービスの場面で早田がタイムアウト。タイムアウト明け、レシーブから積極的にしかけ伊藤のサービスを2本破り早田が10-8とリード。そこから伊藤もさすがのプレーでデュースに追いつくもラリーで再び強さを見せた早田がこのゲームを奪い、3-2と王手をかける。

早田に傾きかけた流れだったが、第6ゲームは伊藤がさすがのプレーで圧倒し、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲームは中盤まで点差が離れず接戦となるも、中盤から早田の豪打が再び決まりだす。伊藤のミスも重なり、早田が連続得点で10-7とマッチポイント。最後は伊藤のサービスミスで今大会随一のベストゲームは幕切れ。早田が2連覇中の伊藤を下し、初の決勝進出を決めた。



これまでの戦いでは早田は伊藤にバックをつぶされることが多かったが、この試合ではバックハンドに強さを見せ次々と得点。変化の激しい伊藤のサービスにもしっかり対応。少しでも甘くなると積極的に攻め込んでいった。


史上初の3年連続3冠を狙った伊藤だったが、シングルスは準決勝でストップ

石川佳純(全農) 4 (-11,8,12,9,4) 1 橋本帆乃香(ミキハウス)

もう一方の準決勝、石川と橋本の一戦は、安定したカット打ちを見せた石川が序盤リードを奪うも、ミスのないカットプレーと時折見せる攻撃が決まり、第1ゲームは橋本がデュースの末に逆転で奪う。

第2ゲーム以降も橋本の守備範囲の広いカットと突如繰り出すバックハンドでの攻撃で観客を大いに沸かせ、各ゲーム接戦を演じるも要所を締めた石川が貫録のプレーで勝利、早田が待つ決勝進出を決めた。

橋本としては10-7とリードし、計5度のゲームポイントを握った第3ゲームを落としたのが痛かった。






全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter