やはり今年も「みまひな」ペア 伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)が女子ダブルスで3連覇!!!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

やはり今年も「みまひな」ペア 伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)が女子ダブルスで3連覇!!!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会6日目、女子ダブルスは準決勝、決勝が行われた。

準決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3 (6,6,7) 0 塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大学)
長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー) 2 (10,7,-3,-10,-9) 3 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)

決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3 (3,9,-7,8) 1 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)

女子ダブルス決勝は、大会3連覇を狙う伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)と本日行われた準決勝で優勝候補の長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー)を0-2からの大逆転で下した芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)と昨年と同様のカードに。


試合は序盤から激しいラリーの応酬で決勝の4人の中で一回り年下の大藤も全く見劣りしないプレーを見せる。

芝田/大藤もラリー戦では互角の打ち合いをしていたが、鋭い読みで前陣で相手のボールを狙い撃つ伊藤のプレーと身体能力の高い早田のパワフルなプレーが要所で炸裂。

加えて、サービスレシーブの多彩さと伊藤のバックから繰り出される複雑な回転のボールは相手にとっては大きな脅威。競り合いにはなったものの、最後は伊藤/早田のプレーが勝り、見事に3連覇を達成した。





決勝で惜しくも敗れた芝田/大藤だが、優勝候補の長崎美柚/木原美悠を破り、決勝進出。
2年連続の準優勝は見事。


優勝も狙えた木原美悠/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)だったが、準決勝は2-0リードから逆転負け。最終ゲームも5-9から9-9まで追い上げるも惜しくも届かなかった。


息の合ったプレーで毎年安定して勝ち上がりを見せている塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大学)。準決勝で優勝した伊藤/早田の前に敗れた。


苦しむ場面も何度か見受けられたが、抜群のコンビネーションに加え、シングルスでも世界のトップレベルの実力を備えた伊藤/早田が貫録を見せつけ、今大会も女子ダブルスを制した。

また、伊藤は既に混合ダブルスでも優勝しており今大会2冠目。史上初の3年連続3冠をかけて、明日、大会最終日に臨む伊藤だが、明日のシングルス準決勝ではダブルスを組む早田と相まみえる。

伊藤美誠
「初戦からすごく接戦で、接戦をものにできて、今日の準決勝、決勝では去年より良かったのではないかというすごくいい試合ができました。半年以上組んでなかったんですけど、すごく個々の力も上がったというふうにも思います。その中で自分達らしいプレーが出来て、すごく楽しめたかなと思いました。

(決勝について)
相手選手は去年よりも技術だったり、してくることがすごく変わっていて、接戦だったんですけどその中で自分たちが落ち着いてプレー出来たり、コースを突いたり、私らしい、ひならしいそういうところが出せたのかなと思います。後は最後まで笑って試合ができたので、そこも自分たちらしいのかなと思います。

お互いダブルスを優勝していい流れになっていると思います。明日しっかり力を出し切れるようにやっていきたいと思っていますし、明日の試合が楽しみです」

早田ひな
「昨年と同様、女子ダブルスの試合前に練習ができないところからスタートして、やっぱり私としては女子ダブルスが全日本の1試合目なので緊張する部分があって、そこを初戦から伊藤選手に引っ張ってもらいながら、決勝ではいい形になり、2人で1点を取ることに集中しながら試合ができたのかなと思います。

(決勝について)
私が中陣、後陣から打って、伊藤選手が前陣で仕掛けていくのが「みまひな」のプレースタイルなんですけど、そこが逆になっても点数が取れるようになったりだとか、本来の私が後ろから決めて、伊藤選手が前でコースを突いて点数を取れたり、本当にいろんな形で点数が取れるようになってきたなと思います。今日はラリーになることが多かったんですけど、そこで最後一本入れるだけでなく、しっかりコースを突いて、回転量を付けたり、工夫をしてパートナーが打ちやすいところに打つ、そして決めるっていうのがうまく連携したのではないかなと思います。

ダブルスを3連覇したんですけど、明日はしっかりシングルスの準備をしっかりして、お互いにいいプレーが出来るように、お互い120パーセントの力が出せるように頑張りたいです」

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter