男子シングルス準々決勝、超攻撃卓球で戸上隼輔(野田学園高校)が丹羽孝希(スヴェンソン)に衝撃のストレート勝ち/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス準々決勝、超攻撃卓球で戸上隼輔(野田学園高校)が丹羽孝希(スヴェンソン)に衝撃のストレート勝ち

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

男子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4が決定。

男子シングルス準々決勝
丹羽孝希(スヴェンソン) 0 (-5,-9,-8,-10) 4 戸上隼輔(野田学園高)

男子シングルス準々決勝、一番のハイライトとなったこの試合。戸上が超攻撃的なプレーを見せ、オリンピック代表の丹羽をストレートで撃破。

序盤から切れ味鋭いチキータ、快速の両ハンド連打で丹羽に襲い掛かり、一気に3-0とリード。第4ゲームは丹羽がリードを保ち、ゲームを進めるも戸上が最後まで攻撃の手を一切緩めずに逆転。衝撃のストレート勝ちで準決勝進出を決めた。

昨日のダブルス準々決勝で水谷隼/大島祐哉(木下グループ)を破り、インパクトを与えたが、それ以上の衝撃を巻き起こした。








吉村和弘(東京アート) 2 (-8,-7,-10,4,8,-3) 4 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)

戸上と同じく高校3年生の宇田がベスト4入り!
序盤から高い打球点を捉えた攻撃をしかけ、いまひとつ波に乗り切れない吉村を圧倒。3ゲーム連取で3-0とし、勝利に王手。

あとがなくなった吉村も宇田のフォアサイドへのハーフロングのサービスを有効に使い、2ゲームを取り返したが、第6ゲームは宇田が圧倒し、昨年末の選考会で敗れていた吉村にリベンジを果たした。






吉田雅己(FPC) 4 (3,6,9,-6,-7,7) 2 神巧也(T.T彩たま)

吉田と神の一戦は、序盤、吉田が堅実なプレーで神の足を止め、フットワークを封じる。一気に神を攻め込み3-0とリードを広げる。

追い込まれた神は吉田のボールを思い切って狙い打ち、2ゲームを取り返し、第6ゲームもリード。しかしここから気迫のプレーで踏ん張った吉田が神を下し、ベスト4進出を決めた。






張本智和(木下グループ) 4 (6,5,4,5) 0 吉村真晴(名古屋ダイハツ)

ここまで軽快な戦いぶりで勝ち上がってきた吉村が、張本に対しどんな戦いぶりでを見せるか注目の一戦となったが、終わってみれば張本の圧勝。

快速のバックハンドに加え、パワーが増したフォアハンド、吉村の変化サービスにも完璧に対応した。

張本は初戦から準々決勝までオールストレート、いまだデュースすらないという圧倒ぶりを見せている。この男を止める選手は現れるのだろうか。




全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter