女子シングルス準々決勝 伊藤美誠(スターツ)が注目の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)を寄せ付けず。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

女子シングルス準々決勝 伊藤美誠(スターツ)が注目の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)を寄せ付けず。

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会6日目、台の数はさらに2台に絞られ、多くの卓球ファンが丸善インテックアリーナ大阪に来場。そんな中、女子シングルス準々決勝がスタート。

女子シングルス準々決勝
伊藤美誠(スターツ) 4 (4,3,3,3) 0 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

現在、世界ランキング3位で大会2連覇中の伊藤とセンスあふれるプレーで強敵を次々となぎ倒し、14歳ながらベスト8に進出したカットマン小塩の注目の一戦。

試合は1ゲーム目から伊藤が圧倒。ドライブ、スマッシュ、ストップを巧みに使い分け、前後左右へ揺さぶり小塩を翻弄。小塩も何とかプレーに変化をつけて、状況を打開しようとしたが、伊藤には通じず。「自分がしたいこと、攻めることを全くさせてもらえなかった」とここまで快進撃を続けていた小塩に全く持ち味を出させなかった。

貫録のストレート勝ちでいち早く準決勝進出を決めた。






佐藤瞳(ミキハウス) 0 (-6,-6,-2,-6) 4 早田ひな(日本生命)

早田が自慢のパワフルなドライブで佐藤を圧倒。早田の回転量の多いドライブに佐藤のカットが浮き、強打を浴びてしまう。ドライブだけでなく、フラット気味にも強打ができる早田のカット打ちは全く隙がない。

佐藤も粘るだけではなく、積極的に攻撃を仕掛けたが早田が冷静な対応を見せ、ストレートで勝利した。




石川佳純(全農) 4 (7,8,-9,7,8) 1 芝田沙季(ミキハウス)

石川と芝田の一戦は、パワフルなラリーの応酬。
各ゲーム競り合いにはなるものの石川が芝田の攻撃をしっかり受け止め、サービスからの展開で効果的に得点を重ねた。
芝田も石川に大量リードされた3ゲーム目を逆転で奪い、一矢報いるも石川が4-1と快勝。王座奪還に向け視界良好。






橋本帆乃香(ミキハウス) 4 (6,11,6,5) 0 木原美悠(JOCエリートアカデミー)

木原と橋本の一戦は、木原が両ハンドでの巧みなカット打ちを見せ、橋本を揺さぶるも鉄壁の守備を崩すには至らず。全くミスの出ない橋本のプレーに根負けしてしまう場面もしばしば。木原としては先にゲームポイントを握っていた第2ゲームを取り、接戦に持ち込みたかった。橋本がストレートの完勝で昨年ファイナリストの木原を下した。




全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter