男子シングルス6回戦、吉村和弘(東京アート)の豪打が炸裂、第1シードの大島祐哉(木下グループ)を破る/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

男子シングルス6回戦、吉村和弘(東京アート)の豪打が炸裂、第1シードの大島祐哉(木下グループ)を破る

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

男子シングルス6回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

大島祐哉(木下グループ)と吉村和弘(東京アート)の一戦は、吉村が両ハンドの豪打で大島を圧倒し、ゲームカウント3-1で5ゲーム目もリード、だが、この場面から吉村はサーブミスをきっかけに大島に逆転を許し、3-3と追いつかれる。

しかし勢いを取り戻した吉村が再び猛攻。10-8のマッチポイントでは大島のループに対し、ストレートへのスーパーカウンターで締めくくった。5回戦に続き激戦となったが、第1シードの大島を下し、ベスト8進出を決めた。






キレキレの攻撃を見せた宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)がベテランの吉田海偉(東京アート)を粉砕。


龍崎東寅(明治大)を打撃戦で下した神巧也(T.T彩たま)も6回戦を突破。


町飛鳥(鹿児島県体育協会)と吉田雅己(FPC)の青森山田同級生対決は接戦が予想されたが、一方的な展開で吉田がストレート勝ち。


王座奪還を狙う張本智和(木下グループ)は隙のないプレーで横谷晟(愛工大名電高)にストレート勝ち。


吉村真晴(名古屋ダイハツ)は余裕を感じさせるプレーで松山祐季(愛知工業大)に完勝。


丹羽孝希(スヴェンソン)と及川瑞基(専修大)の一戦は各ゲーム接戦となるも第4ゲームの長いデュースを制した丹羽が4-1で勝利。見ごたえのある長いラリーの連続で会場注目の一戦となった。


虎視眈々と優勝を狙うインターハイ王者の戸上隼輔(野田学園高)は5回戦で森薗政崇(BOBSON)を倒し、勢いに乗る曽根翔(愛工大名電高)を接戦の末下す。


男子シングルス6回戦(ベスト8決定戦)
大島祐哉(木下グループ) 3 (4,-4,-9,-7,9,9,-8) 4 吉村和弘(東京アート)
吉田海偉(東京アート) 1 (-6,-11,6,-4,-9) 4 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
町飛鳥(鹿児島県体育協会) 1 (-4,-6,-5,-8) 4 吉田雅己(FPC)
龍崎東寅(明治大) 0 (-4,-6,-11,-9) 4 神巧也(T.T彩たま)
張本智和(木下グループ) 4 (4,8,9,7) 0 横谷晟(愛工大名電高)
松山祐季(愛知工業大) 0 (-11,-6,-4,-6) 4 吉村真晴(名古屋ダイハツ)
丹羽孝希(スヴェンソン) 4 (-5,5,8,15,9) 1 及川瑞基(専修大)
曽根翔(愛工大名電高) 2 (8,-5,-3,-11,7,-6) 4 戸上隼輔(野田学園高)
 
全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter