女子ダブルス5回戦、準々決勝 伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)が苦しみながらも準決勝進出/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

女子ダブルス5回戦、準々決勝 伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)が苦しみながらも準決勝進出

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

女子ダブルスは5回戦、準々決勝が行われた。

現在2連覇中で第1シードの伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)は5回戦を快勝したものの準々決勝では安藤みなみ/徳永美子(十六銀行)に1-2と追い込まれる。伊藤と早田の球質の異なる強打を安藤/徳永が前陣で跳ね返し、リードを奪う。

しかし、さすがは長くコンビを組み、世界で活躍する伊藤/早田ペア。追い込まれてからは無理にパワーで打ち抜くプレーを減らし、多彩な技術で点数を稼ぎ、逆転勝ち。窮地を脱し、準決勝進出を決めた。


塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大学)は2度のゲームオールを制し、準決勝に進出。攻撃のミスが少なく、ラリーの中でも梅村のバックと塩見のフォアで球質にアクセントを加え、相手のミスをうまく誘った。


長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー)は危なげない戦いぶりで5回戦、準々決勝を突破。抜群の攻撃力で相手ボールを狙い打ち、優位に試合を進めた。試合中に笑顔が見られる場面も多く、世界で活躍する若きペアは全日本の舞台でも躍動。前評判通りの実力を発揮している。


第2シードの芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)も危なげない勝ち上がり。年は離れているものの右利きの正統派攻撃ペアは抜群のコンビネーションで準決勝進出を決めた。準決勝では長﨑/木原との対戦。

準々決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3 (9,-8,-6,7,6) 2 安藤みなみ/徳永美子(十六銀行)
塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大学) 3 (-13,6,-11,4,5) 2 松本優希/平侑里香(サンリツ)
長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー) 3 (6,8,11) 0 成本綾海/井絢乃(中国電力)
土`田美佳/宋恵佳(中国電力) 1 (-5,9,-9,-9) 3 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)

5回戦(ベスト8決定戦)
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3 (6,5,9) 0 枝松亜実/木村香純(専修大)
安藤みなみ/徳永美子(十六銀行) 3 (7,-6,6,10) 1 永尾尭子/阿部愛莉(デンソー)
塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大学) 3 (7,8,-6,-6,9) 2 庄司有貴/木村光歩(中国電力)
三條裕紀/熊中理子(青山学院大学) 1 (-2,-12,8,-10) 3 松本優希/平侑里香(サンリツ)
長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー) 3 (4,3,-11,6) 1大川真実/本井明梨(四天王寺高校)
小脇瑞穂/村田咲紀(関西学院大学) 1 (-11,9,-3,-4) 3 成本綾海/井絢乃(中国電力)

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter