女子シングルス5回戦、優勝候補の平野美宇(日本生命)がまさかの敗戦。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

女子シングルス5回戦、優勝候補の平野美宇(日本生命)がまさかの敗戦。

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会5日目、会場のレイアウトも一気に変更され、コートの数も8台に。女子シングルス5回戦(ベスト16決定戦)がスタートし、選手にとっては一つの勲章となる全日本でのシングルスランキング入りをかけた熱い戦いが繰り広げられた。

伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)らが順調に勝ち進む中、優勝候補の平野美宇(日本生命)が出澤杏佳(大成女子高校)にまさかの敗戦。昨年と同様、5回戦で姿を消した。




昨年、ワールドツアーを転戦し中国選手をはじめ、海外選手を相手に1年間戦っていた平野にとって、バック粒高、フォア表という特殊なスタイルの出澤はかなりやりづらい相手だったであろう。

バック対バックの展開では得意の高速ラリーになかなか持ち込めず、逆に出澤に上からナックルのボールで抑え込まれ防戦に。平野がバック対バックの展開を避け、フォアサイドに送ったボールも出澤がスマッシュでつかまえた。試合後に平野が「3ゲーム目のリードした時に凡ミスが多くて、そこで流れが変わってしまった」と語るように1-1から出澤に3ゲームを連取され、5回戦でまさかの終戦となった。




変化の大きいカットプレーで奥下茜里(日本大)をストレートで下した14歳の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)、森薗美月(木下グループ)との激しい打撃戦を制した芝田沙季(ミキハウス)、守備範囲の広いカットで徳永美子(十六銀行)を下した庄司有貴(中国電力)らがランク入りを決めている。






女子シングルス5回戦(ベスト16決定戦)
伊藤美誠(スターツ) 4 (4,-9,7,7,6) 1 三條裕紀(青山学院)
前田美優(日本生命) 4 (8,-6,6,10,-10,5) 2 木村光歩(中国電力)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 4 (6,5,8,13) 0 奥下茜里(日本大)
山本笙子(中央大) 2 (-3,7,-9,7,-7,-7) 4 安藤みなみ(十六銀行)
佐藤瞳(ミキハウス) 4 (-11,8,6,-9,6,5) 2 木村香純(専修大)
宋恵佳(中国電力) 1 (-7,9,-8,-8,-9) 4 田中千秋(豊田自動織機)
梅村優香(中央大) 0 (-7,-10,-8,-8) 4 加藤知秋(十六銀行)
杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高) 0 (-16,-8,-7,-6) 4 早田ひな(日本生命)
森さくら(日本生命) 4 (13,6,2,6) 0 石田茜(日本体育大)
野村萌(デンソー) 2 (-7,-6,11,8,-7,-8) 4 石川佳純(全農)
徳永美子(十六銀行) 1 (-5,8,-7,-10,-7) 4 庄司有貴(中国電力)
森薗美月(木下グループ) 2 (-8,10,-4,14,-5,-7) 4 芝田沙季(ミキハウス)
加藤美優(日本ペイントホールディングス) 4 (4,4,3,9) 0 清家綾乃(オークワ)
松本優希(サンリツ) 1 (-14,-6,8,-9,-3) 4 橋本帆乃香(ミキハウス)
出澤杏佳(大成女子高) 4 (4,-8,9,5,9) 1 平野美宇(日本生命)
大藤沙月(ミキハウスJSC) 0 (-6,-5,-9,-3) 4 木原美悠(JOCエリートアカデミー)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter