男女ジュニア準々決勝、松島(木下グループ)が曽根(愛工大名電高校)を下し、ベスト4へ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男女ジュニア準々決勝、松島(木下グループ)が曽根(愛工大名電高校)を下し、ベスト4へ

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会4日目に入り、ジュニア男女準々決勝が行われた。

【ジュニア男子】
松島輝空(木下グループ)が曽根翔(愛工大名電高校)をゲームオールの末に破り、昨年のベスト8を超えるベスト4へ勝ち上がった。松島と曽根の一戦は、お互いの持ち味が良く出た試合に。曽根が相手コート深くに突き刺さる威力満点のドライブで得点すれば、松島は打点の早い連続攻撃で曽根を打ち崩していく。
一進一退の攻防で第5ゲームまでもつれるも、序盤からサービスからの展開で一気に突き放した松島が勝利を挙げた。





ベスト4には鈴木颯(愛工大名電中学)との同士討ちを制した横谷晟(愛工大名電高校)、第1シードの谷垣佑真(愛工大名電高校)を前陣でのミート打ちで下した手塚崚馬(明徳義塾高校)、的確な攻撃で山本歩(出雲北稜高校)にストレート勝ちした吉山僚一(愛工大名電中学)が勝ち進んだ。

準々決勝
谷垣佑真(愛工大名電高校) 1-3 手塚崚馬(明徳義塾高校)
吉山僚一(愛工大名電中学) 3-0 山本歩(出雲北稜高校)
松島輝空(木下グループ) 3-2 曽根翔(愛工大名電高校)
横谷晟(愛工大名電高校) 3-1 鈴木颯(愛工大名電中学)


【ジュニア女子】
ジュニア女子は中学生ながら優勝候補の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)、大藤沙月(ミキハウスJSC)は危なげなく勝ち進み準決勝へ。残りの2試合は大阪勢同士の対戦となり横井咲桜(ミキハウスJSC)とゲームオールデュースの大激戦を制した杉田陽菜(香が丘リベルテ高校)が準決勝へ進出した。




準々決勝
麻生麗名(香が丘リベルテ高校) 1-3 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
横井咲桜(ミキハウスJSC) 3-1 村上宝(香が丘リベルテ高校)
菅澤柚花里(四天王寺高校) 2-3 杉田陽菜(香が丘リベルテ高校)
川北帆香(正智深谷高校) 0-3 大藤沙月(ミキハウスJSC)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter