男女シングルス4回戦、丹羽孝希(スヴェンソン)が松平健太(T.T彩たま)との注目の一戦を制す/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

男女シングルス4回戦、丹羽孝希(スヴェンソン)が松平健太(T.T彩たま)との注目の一戦を制す

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

男女シングルス4回戦が行われ、スーパーシード選手が登場。どことなく会場の雰囲気も変わり、どの台に目を向ければよいかわからないほどに各コートでハイレベルな試合が繰り広げられた。

【男子シングルス】
男子シングルス4回戦最も注目を浴びた一戦は、丹羽孝希(スヴェンソン)と松平健太(T.T彩たま)の元ダブルスパートナー同士の天才プレーヤー対決。チキータや三球目での目にもとまらぬ速攻プレーや柔らかいボールタッチから繰り広げられるラリー戦で大勢の観客を魅了した。

試合は第1ゲームこそ松平が奪ったものの、第2ゲーム以降、調子を上げてきた丹羽が一気に4ゲーム連取で5回戦進出を決めた。




村松雄斗(東京アート)が前回大会ベスト4で今大会第2シードの木造勇人(愛知工業大学)を破った。Tリーグの琉球アスティーダのチームメイト同士の対戦は、村松が粘り強いカットと鋭い攻撃で木造を追い詰める。村松が3-2とリードした第6ゲームは木造が先にゲームポイントを握り、最終ゲームまでもつれるかと思われたが、そこから一気に逆転で勝負を決めた。




世界選手権ブダペスト大会日本代表で海外選手顔負けの豪打を放つ吉村和弘(東京アート)は英田理志(愛媛県競対)のカットと攻撃を交えたオールラウンドなスタイルに大苦戦。0-3まで追い込まれ、敗戦の二文字も見えかかったが、集中力を切らさず丁寧なプレーで一気に4ゲーム連取。貫録のプレーで窮地を脱した




第1シードの大島祐哉(木下グループ)や張本智和(木下グループ)らも順当に初戦を突破した。




【女子シングルス】
女子シングルス4回戦に優勝候補の伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)や対抗馬の早田ひな(日本生命)、木原美悠(JOCエリートアカデミーら)が登場。危なげないプレーぶりで4回戦を突破した。










昨年の世界ジュニア女王で優勝候補の一角とみられていた長崎美柚(JOCエリートアカデミー・大原学園)は宋恵佳(中国電力)の前に敗れ、無念の初戦敗退となった。




全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter