男女ダブルス4回戦にスーパーシードが登場、木原美悠/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/ JOCエリートアカデミー・大原学園)が世界選手権ブダペスト大会銅メダルの佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)を下す/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男女ダブルス4回戦にスーパーシードが登場、木原美悠/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/ JOCエリートアカデミー・大原学園)が世界選手権ブダペスト大会銅メダルの佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)を下す

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

ジュニア男女、混合ダブルスの表彰式を終え、男女ダブルス4回戦がスタート。スーパーシードのペアも登場した。

【女子ダブルス】
女子ダブルス4回戦注目は、昨年の世界選手権ブダペスト大会銅メダル、日本が世界に誇るカットマンペアの佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)と昨年のワールドツアーを幾度も制し、12月の世界ジュニア、グランドファイナルをも制した木原美悠/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/ JOCエリートアカデミー・大原学園)の一戦。

第1ゲームは佐藤/橋本が奪うものの、第2ゲーム以降は木原/長崎が高い攻撃力で佐藤/橋本の鉄壁の守備を打ち崩し、3ゲーム連取。3-1で勝利を収め、ベスト16入りを決めた。




現在2連覇中で第1シードの伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)、第4シードの松本優希/平侑里香(サンリツ)などの実力ペアも4回戦を突破した。





【男子ダブルス】
男子ダブルス4回戦では田添健汰/田添響(木下グループ)が前回大会準優勝で今大会第1シードの松山祐季/高見真己(愛知工業大学)を破った。松山/高見ペアの鋭いチキータに対してもそつなく対応し、抜群のコンビネーションで大きいラリーも制した。




また、ダブルス優勝記録更新を狙う水谷と大島のダブルスや阿部悠人/杉本和也(希望が丘高校)、笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計)などが5回戦へ進出した。






全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter