昨年と同一カードとなった混合ダブルス決勝は森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)が張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)を下し3連覇を達成!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

昨年と同一カードとなった混合ダブルス決勝は森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)が張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)を下し3連覇を達成!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

混合ダブルスは抜群のコンビネーションを見せた森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)が張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)を下し3連覇を達成!

混合ダブルス決勝は昨年と同じく森薗/伊藤と張本/長崎の対戦。張本/長崎は接戦こそあったものの高い攻撃力で相手を打ち負かし、決勝まで勝ち進んできており、昨年敗れた森薗/伊藤に対し、どんな戦いになるのか注目を集めた。

試合は森薗/伊藤がサービスレシーブで強さを見せペースを握る。伊藤の変化の鋭いサービスと森薗の多彩なチキータで先手を取り続けた。張本/長崎も高い攻撃力で迫ったものの、終盤は森薗/伊藤ペアに十分な体勢で攻撃を打たせてもらえなかった。

抜群のコンビネーションを見せた森薗/伊藤が昨年に続き、張本/長崎を下し、見事3連覇を達成した。




森薗政崇/伊藤美誠
「(決勝を振り返って)、
(伊藤)1ゲーム目すごい出だしが良くて2ゲーム目も自分たちの展開だったんですけど取られてしまって、3ゲーム目接戦で取れてそこから自分たちの流れにもっていけたかなと思います。一本一本が大事なポイントでしっかりとることができ、勝つことができてよかったです。
(森薗)3-1という数字以上に苦しい試合だったんですけど、3ゲーム目の競り合いをものにすることができたので、一気に流れを持ってくることができ、勝つことができたので本当に良かったです。3ゲーム目の8-7ですごく良いボールを美誠がブロックしてくれて、それがめちゃくちゃ大きかったです。
(伊藤)本当にその一本で流れが変わって、自分たちに流れが来てすごく良い展開で最後まで試合をすることができました。

(3連覇について)
(森薗)もしかしたら今回が一番苦しかったかもしれないですね。序盤のラウンドからセットオールの試合を2回やって、決勝も内容的には苦しい試合だったのでこれまでの2回に比べて、個人的には一番うれしい優勝でした。
(伊藤)最初から競り合いを制してここまで来て、競り合いを制した分、勝ちでミックスを終わりたいというのもあったので勝ててよかったです。すぐ女子ダブルスが入るので気持ちを切り替えて女子ダブルスに入りたいと思います。」

決勝
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) 3 (6,-7,7,6) 1 張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)


準決勝
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) 3 (6,8,6) 0 軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)
上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー) 1 (-9,-6,8,-6) 3 張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter