ジュニア女子は中学生の大藤沙月(ミキハウスJSC)が優勝!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

ジュニア女子は中学生の大藤沙月(ミキハウスJSC)が優勝!

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

ジュニア女子は中学生同士の大藤沙月(ミキハウスJSC)と小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)の対戦。

試合は第1ゲームの接戦を制した大藤が第2ゲーム以降は圧倒。小塩が変化をつけづらい、あまり回転をかけずにのせて打つようなカット打ちでチャンスを作り、浮いてきたカットに対しては強くスマッシュを打ち込んでいく。小塩の横回転が入ったカットにも冷静に対応し、ペースを渡さなかった。

最後まで安定したカット打ちを見せた大藤がストレートで勝利し、昨年敗れた決勝の舞台で見事にリベンジ。中学生ながらジュニア女王に輝いた。

準優勝に終わった小塩もまさに攻撃ともいえるような、横回転の入ったカットやツッツキを武器に決勝まで進出した。
決勝では大藤にカットの変化に冷静に対応され、なかなか勝機を見いだせなかった






大藤沙月(ミキハウスJSC)
「今年は絶対優勝するという気持ちで大会に臨んでいたので、優勝できてとてもうれしいです。試合前から小塩さんの対策は結構していて、それが試合でできていたので良かったです。カットマンに対してはスマッシュが有効的でその練習をたくさんしていたのがよかったです。(リードされた第3ゲームについて)まだ1セット取られても大丈夫という気持ちで、結果取れたので良かったです。

東京オリンピックはもうメンバーが決まってしまって自分はぜんぜんだったんですけど、次のパリのオリンピックで絶対メダルが取れるように頑張ります。(理想の選手は)平野早矢香さんです」

決勝
大藤沙月(ミキハウスJSC) 3 (8,2,11) 0 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

準決勝
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 3 (-6,7,2,7) 1 横井咲桜(ミキハウスJSC)
杉田陽菜(香が丘リベルテ高校) 1 (-4,8,-8,-7) 3 大藤沙月(ミキハウスJSC)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter