混合ダブルス ベスト4が出揃う/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

混合ダブルス ベスト4が出揃う

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

混合ダブルス準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) 3 (-13,7,-7,3,7) 2 硴塚将人/森田彩音(早稲田大学/中央大学)

上下ピンクのユニフォームを身にまとい登場した現在2連覇中の森薗/伊藤。対するエリートアカデミーOBペアの硴塚/森田は硴塚のシャープな攻撃と森田の手堅いプレーがうまくかみ合い一進一退の攻防。取っては取られての展開で勝負は最終ゲームへ。

最終ゲームは中盤から森薗/伊藤ギアが上がったプレーを見せ、3-5から6連続得点。9-7の場面では、硴塚が中陣から放った渾身のバックドライブを森薗がブロックでシャットアウトし、勝負を決めた。




軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) 3 (-4,9,6-10,5) 2 渡井丈人士/小道野結(駒澤大学/デンソー)
ダブルス巧者の軽部/松本が多彩な台上プレーでペースを握る。2-1リードの4ゲーム目をデュースで落としたが、最終ゲームは渡井/小道野を突き放し、フルゲームの末勝利した。




上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー) 3 (-6,9,-3,4,8) 2 松山祐季/平野容子(愛知工業大学/豊田自動織機)
上村/阿部は松山/平野の猛攻に耐え勝利。松山と平野の強打に対して、上村の中陣からの粘り強いプレーと阿部の前陣での堅い守りで凌ぎ、チャンスを見逃さず確実に攻め、得点を重ねた。昨年に続きベスト4進出。




張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園) 3 (9,5,-5,7) 1 松下大星/梅村優香(クローバー歯科カスピッズ/中央大学)
張本/長崎が高い攻撃力でゲームを支配。松下のチキータや梅村の変化ブロックをものともしないプレーで、第3ゲームこそ落としたものの快勝でベスト4入り。




準決勝の組み合わせ
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) - 軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)
上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー) - 張本智和/長崎美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー・大原学園)

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter