ジュニア女子4回戦、本井明梨(四天王寺高校)が昨年ジュニア女王の出澤杏佳(大成女子高校)を破る/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

ジュニア女子4回戦、本井明梨(四天王寺高校)が昨年ジュニア女王の出澤杏佳(大成女子高校)を破る

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

ジュニア女子4回戦で波乱。

昨年度ジュニア女王の出澤杏佳(大成女子高校)が本井明梨(四天王寺高校)にストレートで敗れた。本井は安定した両ハンドで出澤の変化にしっかり対応。時折見せるフォアサイドを狙ったバックハンドのストレート攻撃で出澤の足を止め、見事3-0で勝利。昨年、衝撃的な優勝を果たし2連覇を狙った出澤であったが、無念の4回戦敗退となった。






また、4回戦屈指の注目カードとなった小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)と張本美和(木下グループ)の一戦は小塩に軍配。ジュニアのカテゴリーでは中学2年生の小塩もかなり若い選手だが、さらに若手となる小学5年生の張本の挑戦を跳ね返した。

試合は1,2ゲーム目、小塩は得意の横回転の強いカットやロビングを交えたプレーで張本を完全に翻弄し2-0とリード、このまま小塩が圧倒するかと思われたが張本も反撃。
小塩の変化にも徐々に対応し、ミスの少ないカット打ちで3ゲーム目を奪い返し、4ゲーム目も序盤リードを奪う。しかし、この場面でも落ち着いたプレーを見せた小塩が途中ラッキーなポイントも重なり、連続得点で逆転し勝利を掴んだ。




また、優勝候補の木原美悠(JOCエリートアカデミー)や大藤沙月(ミキハウスJSC)らは順当に4回戦を突破した。




全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter