男女ジュニア3回戦、スーパーシードが登場/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 株式会社VICTAS 代表取締役社長 交代に関するお知らせ 詳細はこちら

VICTAS Journal

男女ジュニア3回戦、スーパーシードが登場

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

本日、男女ジュニアは3回戦まで進行しベスト32が決定。スーパーシードの選手が登場し、それぞれ素晴らしいプレーを披露。

【ジュニア男子】
昨年小学5年生ながら、ベスト8まで進出した松島輝空(木下グループ)は3回戦から登場し、小山内颯汰(弘前実業高)と対戦。松島はシングルスの初戦、相手は1回戦から勝ち上がり勢いに乗る高校生ということもあり、どんな試合になるか注目だったが、始まってみれば多彩なサービスとしなやかな両ハンドで圧倒。ストレート勝ちで4回戦進出を決めてみせた。今年はいったいどこまで勝ち上がるのだろうか。

愛工大名電の谷垣、曽根、篠塚、横谷といった3回戦から登場した優勝候補も順当に4回戦進出を決めている。







【ジュニア女子】
女子ジュニア3回戦にも優勝候補が続々と登場。連覇を狙う出澤杏佳(大成女子高校)、昨年中学生1年生ながら準優勝の大藤沙月(ミキハウスJSC)、シニアの国際大会でも活躍する木原美悠(JOCエリートアカデミー)は順当に3回戦を突破した。

中学2年生ながら世界ジュニア女子シングルス準優勝の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)も3回戦から登場し、変化の鋭いカットであっという間に勝負をつけた。明日行われる4回戦では張本美和(木下グループ)との注目の対戦。

小学5年生の小塩悠菜(石田卓球クラブ)は村上宝(香ヶ丘リベルテ)に、植田杏(TTC平屋)は高橋あかり(四天王寺高校)に惜しくも敗れた。しかし、小学生ながら3回戦まで進出し、堂々のプレーを見せた。







男女ジュニアは明日、ベスト8まで決定する。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter