~大会初日のサプライズ~ ジュニア女子で最年少の小学5年生が3選手とも2回戦を突破/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 2020年卓球男子日本代表オフィシャルウェア完成!詳細はこちら 税込5,500円以上のご注文で送料無料

VICTAS Journal

~大会初日のサプライズ~ ジュニア女子で最年少の小学5年生が3選手とも2回戦を突破

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

大会初日、ジュニア男子は1回戦、ジュニア女子は1,2回戦が行われた。

高校2年生以下によって争われるジュニアの部。序盤の見どころは、何と言っても一回りも二回りも体格の大きい高校生や中学生に交じり、厳しい予選を突破した小学生のプレー。パワーでは劣っているものの、回転の変化や巧みなコース取り、打球点の早さで得点を奪う姿に卓球の醍醐味を感じさせる。

ジュニア女子で最も若い学年の出場は、小学5年生の張本美和(木下グループ)、小塩悠菜(石田卓球クラブ)、植田杏(TTC平屋)の3名、そして驚くことに出場した3選手全員が2回戦を突破した!
張本はジュニアでも既にトップレベルの両ハンドで相手を圧倒、小塩は変則グリップでの前陣プレーと下がってはカットを織り交ぜたプレーで2回戦をフルゲームで勝利、植田も安定感のあるプレーぶりで高校生を続けて撃破し3回戦進出を決めてみせた。






ジュニア男子で最も若い学年は、小学6年生の阿部鴻憲(錦桜紅羅舞)、吉山和希(TC中原)、松島輝空(木下グループ)の3名が出場。

阿部は1回戦で勝又(浜松修学社)に敗れたが、吉山は松井(育英)をフルゲームの末に下し、明日の2回戦に駒を進めた。


明日、ジュニア男子は2、3回戦、ジュニア女子は3回戦が行われ、それぞれスーパーシードが登場する。
勝ち残っている小学生たちのプレーにも要注目だ。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter