伊藤美誠「目の前の試合を楽しんでいるところを見てもらえたら」/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

伊藤美誠「目の前の試合を楽しんでいるところを見てもらえたら」

天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2020年1月13日(月)~1月19日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催。

開会式終了後に記者会見が行われ、前回大会シングルス優勝の水谷隼(木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)が登場した。

伊藤美誠(全農)
「毎年、全日本選手権がその年の初戦ということで、すごく一戦一戦を大事にしたいなと思っています。たくさん練習してきたので試合をするのがすごく楽しみですし、今日ミックスの初戦があるんですけど私らしく自分のプレーをして楽しんでいけたらいいなと思っています。もちろん(目標は)出るからには3種目で優勝なんですけど、目の前の一戦一戦をやり抜くことが大事になってきますし、まずミックスダブルスの初戦を勝って、女子ダブルス、女子シングルスに繋げていきたいと思っています。目の前の試合を楽しんでいるところを見てもらえたらと思っていて、実力の上がった私を見てほしいなと思っています。一日一日がすごく大事になってくる年にはなってきますが、いつもと変わらず自分らしくいることが今年の目標でもあるので、目の前の大会をやりぬいてオリンピックに繋げていけたらいいなと思っています。今は全日本だけにしっかり集中して目の前の試合をやりきって(オリンピックに)繋げていけたらいいなと思っています。
(3種目出場について)気持ちの切り替えがすごく大事になってくるというのが去年の世界選手権、全日本で分かったので気持ちの切り替え(また、)たくさん練習してきたので体力も持つと思いますし、1番は頭、気持ちの切り替えがすごく大事になってくるので、勝っても次のことを考えてなるべく早く切り替えをして次の試合に考えっていけたらいいなと思っています。ミックスが全部終わってから女子ダブルスに入るのでそこは自分にとってありがたいのかなと思います。目の前の一戦一戦に勝ち抜く、実力を出し切るというのは変わらず去年と同じ目標、もちろんオリンピックイヤーなんですけど私は目の前の全日本がすごく大事だと思っています」

会見中は何度も「一戦一戦」「目の前の試合」という言葉を繰り返した伊藤。
3年連続3冠の偉業に向けて、伊藤の戦いが始まった。
本日18:35(予定)より混合ダブルス初戦に臨む。

全日本特設サイトはこちら
https://www.victas.com/ja_jp/2020zennihon/victas

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter