LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 『2020年は無敗の女になりたい』 伊藤美誠(スターツ)が初優勝で今年を締めくくる!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 『2020年は無敗の女になりたい』 伊藤美誠(スターツ)が初優勝で今年を締めくくる!

12月21日・22日にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて、LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼 2020世界卓球日本代表選考会)が開催。

決勝
伊藤美誠(スターツ) 4 (-9,11,7,15,5) 1 平野美宇(日本生命)

女子決勝は伊藤と平野の対戦。
試合は第1ゲームを平野が逆転で奪うと第2ゲーム以降も平野が落ち着いた攻撃を見せる。伊藤の変化のつけたボールにもバックハンドで対応し、次々と鋭いボールを打ち込む。第2、4ゲーム目のデュースでゲームポイントを握った場面でも平野がラリーでは押し込んでいた。

しかし、どちらのゲームも、ものにしたのは伊藤だった。攻め込まれても鉄壁の守備で跳ね返し、チャンスを逃さずきっちり得点、最後の一点を平野に取らせることはなかった。第6ゲームは流れに乗った伊藤が平野を圧倒し、初優勝を決めた。

平野も敗れはしたが、大会を通してのびのびとプレーしており、オリンピックレースの重圧からは解放された様子に見えた。昨日の選考会で優勝、今日は石川を破り、決勝でも伊藤とお互いが「楽しかった」と語るほどのスーパーラリーを何度も繰り広げた。






今大会、伊藤は準決勝の早田戦、決勝の平野戦とどちらも相手に攻め込まれる場面も多く見られ、苦戦するシーンが多かった。しかし、「疲労があり、今日できることをした」という伊藤の言葉通り、要所は変化の激しいサービスと優れた読みで相手のボールを狙い打った。

年内最後の試合を、決してベストコンディションという状態ではない中でも優勝を果たし、今年を締めくくった伊藤。試合後には、日本チームにとって勝負の年になる来年に向けて『2020年は無敗の女になりたい』という頼もしいコメントも残してくれた。

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter