LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 『進化したフォアハンド』 張本智和(木下グループ)が圧巻のプレーを見せ、地元仙台で2連覇!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 『進化したフォアハンド』 張本智和(木下グループ)が圧巻のプレーを見せ、地元仙台で2連覇!

12月21日・22日にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて、LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼 2020世界卓球日本代表選考会)が開催。

決勝
張本智和(木下グループ) 4 (4,9,8,5) 0 丹羽孝希(スヴェンソン)

決勝は世界ランキング日本人上位2名の対戦。
今年4度目の対戦となったが、最近ではT2ダイヤモンド、ワールドカップともに張本が接戦の末に勝利を収めていた。

試合は地元の声援を受けた張本が、丹羽に「今年4度目の対戦で今日の対戦が1番強かった」と言わしめるような凄まじい攻撃を見せる。持ち味の鋭いバックハンドに加え、威力が増したフォアハンドでの連続攻撃、丹羽の攻撃に対しても後ろに下がらず前陣で跳ね返してみせた。

丹羽も会場を沸かせるようなラリーを見せるも及ばず、8-3とリードした第2ゲームを逆転で落とし、張本を勢いにのせてしまった。何度もフォアハンドで打ち抜き、最後まで攻め抜いた張本が勝利。初戦の準決勝、決勝ともにストレート勝ちと圧倒的な力を見せ、見事地元仙台で2連覇を達成した。






試合後、先日まで繰り広げられていたオリンピックレースについては、

張本「自分にとって来年に向けて、試される1年だったかな思います。今年前半は苦しかったが、そこから練習してきた成果が出てきて、いいプレーが出来るようになってきた。この調子で2020年の8月まで突き抜けたい。」

丹羽「国際大会だけでも20大会くらい出て、途中7大会連続の1回戦負けがあり、すごくつらかった。最後、11月にいい成績を出していい形でオリンピックレースを終われたかなと思います。」

と両選手とも苦しい時期もあったが、今年終盤は徐々に調子を上げ、本来のプレーを取り戻した。今年最後の試合となった今大会でも両者世界レベルのプレーで会場を沸かせてくれた。
来年行われる世界選手権でも素晴らしいプレーで日本チームを引っ張って欲しい。



CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter